妊活にはストレスは厳禁! ストレスを解消するヒント集!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.04.20.Sun

既婚女性が励んでいる妊活。最近、この言葉が主流になったからか、なかなか授かれないと焦りやストレスを抱える女性も多いものです。それではせっかくの妊活なのに授かり体質から遠ざかっていては意味がありません。妊活中の皆さん、ストレスや焦りを抱えていませんか? もし、抱えていたら解消することがとても大切です。

妊活中のストレスをフリーに近づけるヒント

1…自分に甘くしてみる

毎日基礎体温を測ったり冷えに気を付けたり排卵日前後に気を遣ったりと、常に妊活を意識することで、授かれない月が続くと自分を責めたり原因を探ったりと見えないストレスが溜まっていきがち。日本人女性は「頑張らなくちゃ」と無理をしてしまうことが多いのです。いつまでに妊娠したいなどと意気込まず、長期で考えてゆとりを持ち、楽しみながらできる運動や趣味を取り入れて心に余裕を持つことが大切です。

2…今、やってみたい! ことを最優先させる

今、これに興味があるけど……ちょっと無理かもしれない……など思って物事を断念させていませんか? 新しいことに挑戦することや自分のやりたいことにチャレンジしてみることは結果がどうであれ、心身のストレスを解消する効果があります。また視野を広げることができるため、心の溜まったモヤモヤや不安もちっぽけに思えてきたりと気にならなくなったりプラスに捉えられるように。新しい楽しみや発見を見つけることで気持ちも切り替わることができます。落ち込んでいるときこそ、世界を広げてみて!

3…イライラ・ストレスの原因はたんぱく質不足!

イライラを感じるだけでホルモンバランスが乱れて生理周期に影響するなど女性の体はとても敏感。妊活をしていると思うようにいかないと思うこともあると思います。その経験を今後に活かすかストレスとして感じてしまうかはその人次第ですが、ストレスを溜めにくくする方法があります。それは食事。イライラしがちな人にはたんぱく質不足があげられます。イライラを防ぐたんぱく質は妊活にも◎。一石二鳥なこれらを積極的に摂取しましょう。
鉄分:カツオ、マグロ、ホタテ、牛・豚・鶏のレバー
ビタミンB6:マグロ、カツオ、鮭、かぼちゃ、バナナ

4…夫の理解がない

男性の中でも妊活という言葉は定着してきましたが、女性と比べてはまだまだ。しかし、それは仕方のないことともいえます。基礎体温が……月経周期が……排卵日が……などいきなり言われても男性はピンときません。分からなくて当然なのです。夫が理解してくれないと思っている方は、丁寧にきちんと説明をしてあげることで解消するはず。そして妊活は一人で頑張っても意味がありません。自分の思いや考えを伝え、お互い話し合うことが大切です。

いかがでしたか? 加齢とともに肌も衰えていくことはある程度仕方のないこと。しかし、このように毎日のケアで予防や改善できるものもあります。毎日のケアでこれからの加齢に対抗できる強い肌を作っておきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/