間接照明は身体に優しい! 目と体を休めてリラックス

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.04.14.Mon

部屋の良し悪しを決めてくれるのは、光の加減がとても重要になります。いくら狭い空間でも、光の効果で広くも狭くも見えてくるのです。自分の部屋の空間を心地よい場所にしたいなら、部屋の模様替えだけでなく、照明を変えてみると効果的です。

明るすぎる電気はNG

蛍光灯などの照明の光は、学校や職場、公共施設などでは集中力を上げるなどの効果がありますが、家に帰ってリラックスしたい空間には逆効果になってしまいます。目には眩しすぎる明るい光は、夜の時間にはとても不健康になってしまいます。夜に向けて体の中はお休みモードになっているので、明るい光よりも、トーンの落ち着いた光がベストです。

間接照明だけでも十分な光

天井に取り付けられた照明を変えるのは大変、という方は、部屋の片隅にも置ける間接照明がお勧めです。間接照明は、暗すぎると思うかもしれませんが、天井からの光ではなく、下のから上に向けて光を放つ間接照明は、部屋の空間を和らげ、さらに部屋のスペースを広々と感じさせてくれます。間接照明は部屋の隅に置いておくだけでも、十分な光が部屋の中に広がります。また、時間が経つとともに、目も慣れてくるので、やわらかい光が心も体もリラックス状態に、そして就寝モードに切り替えてくれます。

どんな間接照明が良い?

間接照明といってもいろいろなタイプがあります。スタンド型のオーソドックスなタイプから、壁や天井に取り付けるタイプ、さらに低い位置から天井に向けて光を放つ家具の下に取り付けるタイプのものまでさまざまです。移動しやすい間接照明なら、大きな部屋でも便利ですし、ひとつだけでなく、いくつか組み合わせるのも、インテリアとして楽しめるでしょう。少し狭い部屋でも、部屋の片隅に置くだけで少し部屋を広く見せてくれます。部屋の大きさや自分の好みのスタイルに合わせて間接照明を選びましょう。

間接照明は光の加減が大事!

間接照明はなんと言ってもやわらかい光が特徴です。そこに煌々と輝く青白い光の電球を選ばないように注意です。白熱灯の光はやわらかく心が落ち着く色合いに部屋を染めてくれます。現在ではLEDでも同じようなやわらかい光を放つものが売られているので、少し暗いかな? と思うくらいの光でも十分夜の時間を過ごすことができます。また、手元だけの間接照明や、部屋全体の間接照明といくつか設置すれば、部屋の明るさを自由に変えることもできますよ。また、照明の明るさを変えることのできる天井に取り付けるタイプの照明もあるので、そのようなものを設置するのも良いかもしれませんね。

光の持つ効果で安らぎの空間を

薄暗いかな、と思っても光を調節しやすい間接照明は、夜のリラックスタイムを至福な時間にしてくれます。また、明るすぎる光の中に自分の体を置いておくと、これから睡眠をとるための脳が冴えてきてしまうので、安眠できずに睡眠の妨げにもなります。ベッドの横には必ず間接照明を設置しておけば、本を読むにもちょうど良い光なので、寝るまでの時間に、心と目を休めて、体をリラックスさせてあげてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。