のどの乾燥は万病の元! 潤いを守る6つのアイテム

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.02.04.Tue

空気の通り道である「のど」はウイルスの侵入を阻止する大切な防波堤。でもからっ風が吹きつけるこの時期、乾いた空気や暖房の熱はのどの潤いを奪ってしまいます。乾燥したのどからはウイルスや細菌が侵入! 風邪やインフルエンザ等さまざまな感染症の原因に。そこで今回は冬の健康を守るべく、のどの潤いを守るアイテムをご紹介します。

加湿器

暖房で暖まった室内の熱や、乾燥した空気は粘膜を乾燥させる原因に。加湿器でしっかり空気中の潤いを保ちましょう。フィルターやタンクが汚れていると、症状を悪化させたり、最悪の場合肺炎の原因になることも。加湿器のお掃除が面倒くさい! なんてずぼらなあなたは、濡れタオルをかけておくだけでも効果が得られます。

ニンニク

「なんだかちょっとのどがイガイガする」と感じたときには、ニンニクがおすすめです。“元気の源!”のイメージが強いニンニクですが、抗菌、抗ウイルス作用に優れ免疫力を高めてくれる強い味方。この効果は生のニンニクに含まれる「アリシン」という成分によるもの。
さすがに生のままガブリっ! は厳しいので、すりおろしたニンニクに蜂蜜を加えた「ハニーガーリック」(「蜂蜜ニンニク」と呼ぶよりこっちの方が女子の飲み物っぽく聞こるので命名!)」をスプーン1杯朝夕頂くのがお手軽です。

塩うがい

「わ~だんだんのどが痛くなってきた……」というときには、塩うがいを試してみましょう。塩の持つ殺菌作用が、のどの細菌を撃退してくれます。またうがいをすることで、血流を増やし細菌を殺してくれる細胞をのどへと運んでくれるので、早い回復にも繋がります。冷たいお水では刺激になってしまうので、ぬるま湯を使うようにしましょう。

ハーブティー

のどの乾燥が気になるときには、いつものコーヒーをハーブティーに変えてみましょう。免疫力を高めてくれる「エキナセア」や、のどや鼻をすっきりさせてくれる「ユーカリ」がおすすめです。甘みを加えたいときには、お砂糖の代わり強い抗菌作用を持つはちみつを使えば効果もアップ。

ガム

のどの乾燥を感じたときに、どこでも手軽に取り入れられるこの方法。ガムを噛むことで、唾液の分泌を促しのどを潤す効果があるんだとか。お砂糖の入ったガムでは、唾液がねばねばになってしまうので、シュガーフリーのガムを選びましょう。

マスク

「朝方乾燥と冷えで咳き込んで目が覚める……」なんていう方は、マスクをしてベッドに入るのが効果的。マスクの中は自分の呼吸で自然に潤すことができるので、呼吸をするごとに高い加湿効果が得られます。サイズが大きく顔から浮いてしまうものは空気が漏れてしまうので、顔にぴったりフィットするものを選びましょう。

日々のちょっとした工夫で、冬の健康を守って下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。