「会社に行きたくない…」憂鬱な月曜日を克服する方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2014.01.19.Sun

月曜日、特に長い休みがあけたあとの出社は憂鬱! 気が重くて会社に行きたくない……なんて思う人も多いはず。でも、休み明けが憂鬱だからと休み明け前からブルーな気持ちでいるのももったいないことです。上手に気持ちを切り替える方法をまとめました。

憂鬱になる理由を知る

日曜の夕方から月曜にかけて「何となく憂鬱」という状態になりがちな場合は、憂鬱になる原因をハッキリ認識してみるだけで気分が軽くなることも。憂鬱になる理由がよくわからないまま「なんとなく憂鬱」という状態が続くと、脳がその憂鬱を「深刻な不調」として認識してしまい、「会社や仕事のすべてが嫌だ」という風に感じてしまいがち。「会社に気の合わない人がいるから一緒に仕事をするのがイヤ」「満員電車がイヤ」「大事な会議があるけど上手く発言できる気がしないからイヤ」など、憂鬱になる理由を知れば「苦手な人には礼儀正しく挨拶はするけど、必要以上に絡まなくてもいいと割り切ろう」「満員電車が辛いから、少し早めに出社してみよう」など解決策が浮かぶはず。

休みだからといって夜更かししない

休前日の開放感からついつい夜更かしをしてしまうという人は、夜更かしをやめるだけでも休み明けの憂鬱が軽減するかも。例えば、金曜の夜から「夜更かしをする→朝寝坊する→休日がムダになったような気がする→何となくダラダラ過ごしてしまい、また夜更かし」というパターンにハマると休日全体にメリハリがなくなるうえ、体内時計が乱れてしまい、寝だめのつもりでも疲れが抜けなくなってしまいます。極端に生活リズムが変わることで疲れやすくなることも。週明けを憂鬱にしないためには週末にハメを外しすぎない事が大切です。

月曜に大事な予定を入れない

そうは言っても、休日は遊びに出かけたり平日以上にアクティブに過ごす人も多いはず。週あけなのに月曜日が一番疲れていることがあっても仕方のないこと。定例会議などが月曜日にセットされている会社も多いですが、自分の裁量で動けることに関しては、極力月曜日には大切なアポや重い仕事を入れないのが憂鬱にならないコツです。大事な用事はできるだけ休み明けに持ち越さないようにしておき、その上で頭を使わない単純作業などを月曜の朝のウォーミングアップ用に残しておくなど、ペース配分しておくのもいいでしょう。

オシャレする

ただでさえ憂鬱な月曜、身だしなみがいい加減だと鏡を見るたびによけいブルーになることも。新しい服や靴をおろしたり、新しいメイクや髪型に挑戦するなど、ちょっとしたオシャレ、イメチェンを準備しておくとやる気がわいてくることがあります。自分のテンションをあげるために、「月曜日は新しいファッションを試す日」と決めてみるのもいいかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019