その不調はPMSでは? 生理前の不快な症状我慢してない?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2013.12.10.Tue

生理前になると、なぜかイライラしてしまったり眠くなったり、妙に気分が落ち込んでしまったり。
攻撃的になってパートナーと喧嘩してしまったり、涙もろくなるなど精神的にも肉体的にも影響が出た経験はありませんか?
これって、ホルモンが原因で起きるPMS(月経前症候群、または月経前緊張症)という症状なんです。

代表的な症状としては

むくみ、頭痛、下腹部痛、胸が張って痛い、腰痛、食欲が抑えられなくなる、不眠、眠気、にきびが増える、憂鬱感、不安感、攻撃的になる、集中力がなくなる、怒りやすくなる、疲れやすくなる、などなど。
感情を自分で抑えられなくなったり、耐えられないくらいの眠気や冷えに襲われたりして、すごく辛いのに生理が終わるとともに元気になるから、なんとなく気のせいかと思って過ごしてしまったりする女性がほとんど。ところがこれ、知っているのと知らないのと、知って対処を行うのと、また、周囲に適切な理解を得られるかでは、全然辛さが違います。
毎月、PMSのせいで喧嘩になったり本人達はそれで離婚にまでつながってしまったりしているケースなのに気づいていなかったり、仕事を辞めるようなひどいい症状なのに原因が分かっていないから、さぼり癖があると見られてしまったり、自分自身を責めてしまったり。

対処法

対処法としては、アロマやストレスを溜めないこと、体をゆっくり休めることなどが言われていますがそんなに簡単に生活習慣は変えられないし、忙しさも変えられないですよね。
思い切って漢方薬や低容量ピルなどお医者様に相談するのも手なんです。ピルを服用するようになったら劇的に改善したという声も聞きます。

また、PMSの辛いところは周囲の理解が得にくいところ。「生理休暇」って実際取っている方の意見をほとんど聞いたことがありませんが、PMSへの理解を求めても世間の認知度が低すぎるのが実際のところです。
生理痛はみんな知っていても、生理前に体調が悪くなるということまでは知らない男性がほとんど。感情で説明しても分かってもらえないことが多いし、口で説明するのは恥ずかしいこともあると思います。そんなときは、医学の専門サイトに説明されているPMSの症状をプリントして読んでもらったりするのも手ですよ。

少なくとも、自分の症状を自覚して知ってもらうだけでも違うので理解を深めてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子