つらい痛みと決別! 偏頭痛を予防する4つの食べ物

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2013.12.14.Sat

日本人の約10%が悩まされているといわれる偏頭痛。一度偏頭痛が起きてしまうとなかなか治まらず、仕事や家事に手がつけられないほど痛みが増してしまうことも。厄介な偏頭痛は症状が出るまえに予防してしまうのが最適。
今日は偏頭痛の予防に効果的な食品を4つご紹介します。

水&ハーブティー

偏頭痛の原因の一つに水分不足が挙げられます。喉が渇く前に十分な水分補給をすることが大切です。水分補給には水が最適ですが、ハーブティー、カフェイン抜きのコーヒーや低脂肪牛乳などもオススメ。
一方、ソーダー水や糖分の多いジュース、コーヒー、紅茶、アルコールなどは避けた方がベター。カフェインには偏頭痛を引き起こすリスクを高める作用があるので要注意!

青魚&オリーブオイル

魚油に含まれるオメガ3脂肪酸や、オリーブオイルに含まれる一価不飽和脂肪には頭痛を和らげる効果があります。オメガ3脂肪酸を多く含むイワシ、サバ、ニシン、サケなどの青魚を週に2回食べるのが効果的だと言われています。
また、料理の際はバターの代わりにオリーブオイルやキャノーラオイルを使うことを心掛けて。

レバー&全粒シリアル

偏頭痛の予防に効果があるといわれるリボフラビンは、ビタミンB2とも呼ばれる水溶性のビタミンで、豚、鶏、牛のレバーやうなぎ、牛乳、納豆などに豊富に含まれています。また、リボフラビンはタンパク質と一緒に摂取することにより体内で効率よく働きます。
牛乳は良質のタンパク質を含むので、全粒シリアル&低脂肪牛乳は、リボフラビン摂取にオススメの朝食スタイルです。

ひじき&アーモンド

血中マグネシウムが欠乏すると偏頭痛を起こしやすいことが知られています。特に女性の場合、生理や妊娠中にマグネシウムが欠乏するので、偏頭痛のリスクが高まります。マグネシウムを多く含むのは青のりやひじきなどの海草類。
また、アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類にも含まれています。マグネシウムはカルシウムと共に働くのでカルシウムも一緒に摂取するように心掛けて。カルシウムは乳製品や小魚に多く含まれています。

参考記事(海外サイト):4 Powerful Nutrients for Fighting Migraines

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr