体に溜まっている毒素を日常でどんどん外へ追い出そう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.12.11.Wed

皆さんは日頃の生活で溜まっている毒素を、毎日排出できていますか? 身体の中に毒素を溜めこんでいると体にさまざまな不調が。肌トラブルが絶えない、情緒不安定といった心身に悪影響を及ぼしてきます。今回は身体に溜まる毒素の原因と、その毒素を出し切る方法をお伝えしていきます。

毒素のおもな原因って?

身体の毒素と言われるものは、おもに私たちが日々生活しているうえで毎日積み重なり、溜まっていきます。その原因は、「口(食品添加物)・鼻(汚れた空気)・肌(外部刺激等)・心(ストレス等)」などから体の中に侵入していきます。
口からは主に食べ物、鼻からは毎日吸う空気、肌は皮膚に触れる石鹸やシャンプー、コンディショナー、乾燥した空気、心からはストレス、ネガティブな思考などの感情があげられます。
これらは、体内に毒素として残るわけですが、私たちは毎日のように、汗や尿・便、涙や声などで外へ排出しています。しかし毒素を外へ出せていない女性も数多くいます。理由はさまざまですが、忙しくてトイレに行く回数が少ない、冷え性なのであまり汗をかかない、便意がない、感情を表に出さないなどで体内に溜めこんでいるなどがあげられます。

毒素を吐きだす毎日の習慣とは?

毎日「排便」を目指す

私たちは毎日飲食をしています。その上で毎日排便することは当たり前のこと。便秘はお腹に腹筋がない方に多く、さらに癖になりやすいので、食生活には食物繊維の豊富な食材を積極的に取り入れる、毎日便意が来るようになるまで腹筋をする、朝起きたらコップ1杯の水を飲む、便意がなくても毎日同じ時間にトイレに行くなどと、快便を目指すことが大切です。

1日に7~8回排尿がある

特に女性は仕事中などでトイレに行くのを我慢しがち。尿には老廃物を吐きだしたり、余分な水分を流したりと重要な働きがあります。だからこそ、便は一日1~2回が理想と言われるのとは裏腹に、尿は7~8回と回数も多いのです。トイレに行きたくなくても1~2時間置きに行く癖をつけましょう。トイレに行かない=老廃物を体に溜めこんでいる、そう思って間違いありません。また尿の回数が少ないと、腎臓にも負担がかかったり、冷えやむくみの原因ともなります。

汗をかく

汗をかくと、体に溜まった老廃物が排出され、全身がすっきりするほか、余分な水分がなくなり全身のむくみの改善、新陳代謝が上がることで肌のくすみを改善など、健康から美容面までメリットが。汗をかく方法はさまざまです。運動やストレッチなど体を動かすこと、サウナなどありますが、毎日続けられて簡単に行えるのが入浴。運動などと違って誰しもが毎日行うことですよね。しかも入浴で汗をかかない方はいませんから、入浴の時間を利用して毒素を出してあげましょう。入浴は顔から足まで全身から汗をかくことができるのも魅力。

毎月、規則正しい生理がある

生理は月に一度訪れますが、それには排毒の役割も。そのため女性は男性よりも長生きできるとも言われています。生理不順に心当たりのある方は今一度、精神的なストレス、睡眠時間や食生活の見直し、そして冷えに注意し生理周期を整えていきましょう。

ストレスを発散できる環境がある

目に見えないものほど、恐ろしいものはありません。それがストレス。ストレスは毒素の塊です。溜めて良い事なしなうえに、体中を活性酸素だらけにし、老化を促進させるデメリットが。しかし、ストレスが溜まらないなんて人間はいないのです。皆さん、ストレスが溜まったら好きな趣味や熱中できることなどして発散させているのです。また、打ち明けられる家族や友人に悩みや不安などを相談するだけでも毒素を吐き出すことができます。思いっきり笑ったり思いっきり泣いたりと、感情を出すこともストレス解消に効果的なんですよ。

皆さんの身体の毒素はどのくらい溜まっていますか? 見えないものだからこそ、定期的に自分自身と向き合って不調をいち早く感じとり、いち早く改善を目指してあげましょう。毒素知らずの身体を作るのは自分自身だということをお忘れなく!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/