手足は冷えているのに、頭がほてる? 今すぐできる「冷えのぼせ」対処法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
三谷アイ

Written by:

2013.11.17.Sun

なんだか今日はエアコンが強いかな? 頭や顔が熱くてぼーっとするけど、手先はとっても冷えて冷たいけど、風邪ではないみたい……。これも冷えの症状の1つ、「冷えのぼせ」。下半身の冷えが原因で起きます。肩こりの原因がこの「冷えのぼせ」である人も。足元が冷えるOLさん、要注意ですよ!

冷えのぼせってなに?

冷えのぼせは、頭や上半身が火照ったり、熱っぽかったり、頬が赤くなったりします。ですが手先は冷たいとうまさに「冷え」と「のぼせ」が同時にくる状態です。中には「のぼせ」を強く感じ、「冷え」を感じにくい人もいるため、自分が「冷えのぼせを起こしている」と気が付かない場合も。
肩こりがひどい、貧血気味、足がむくみやすい人でこの時期に顔がほてりやすい人は、一度疑ってみてもいいかもしれません。

下半身を温めることが大切

原因は「冷え」。上半身に熱が集まって、下半身や手足などには熱が行き渡っていない状態です。冷えのために血流が悪くなっているため、下半身を温めることで緩和できます。下半身を温めるのは、ここ数年健康で話題を集めている「冷えとり」の基本でもあります。靴下を重ね履きする「冷えとり靴下」のように下半身を温めることが大切。むしろ上半身はそこまで温める必要がないのも「冷えとり」の特徴。
また自律神経の乱れも原因となるので、ストレスの解消も大切です。

「上半身は冷やし、下半身は温める」

冷えのぼせを解消するには、半身浴や漢方などが効果的とされています。ただし、仕事中や社内で冷えのぼせになった場合は、すぐ上半身のほてりを取るだけでも楽になることができます。ほてりが取れるとその後は元の体調に戻ることが多いため、体全身は冷やさず、頭やうなじ部分を冷却しましょう。むしろ、ほてりを取らないとめまいを感じることもあるので、無理はしないでくださいね。

▽ 冷えピタを貼る
▽ 首元をあける
 (髪をアップにする、ブラウスのボタンを開ける)
▽水で絞ったタオルハンカチをうなじに当てる
▽ ほんの数秒でいいので外の空気を吸う

もし会社で自由に使える冷蔵庫があるのならば、ケーキについてくる小さな保冷剤を冷やしておき、冷えのぼせのときはそれをタオルハンカチでくるんでうなじ付近を冷やすのもおすすめ。
また手先は冷えているのが「冷えのぼせ」なので、冷たくなった手先をうなじ付近に当てるだけでも熱がとれますよ。「上半身は冷やし、下半身は温める」。これが基本です。

ただし冷えのぼせが頻繁に起こる場合は、念のため一度病院で相談しましょう。また靴下やレッグウォーマーなどを取り入れて、本格的な「冷えとり」を始めてみるのもいいかもしれませんね。

参考記事:All About

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

三谷アイ

社会学部社会学科出身、社会調査士。
ライターや編集業など。Cafe Googirlの運営にも一部参加。
美容、コスメレビューなどが得意、好きなジャンル。
アニメとマンガと音楽と演劇のチェックに勤しみながら、
現在愛知を拠点に大阪と富山でもふらふらしている。

URL:http://plustic.under.jp/iware/