今日の帰りにすぐ手に入る! 身近なスーパーフード4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2013.10.07.Mon

ほかの食品よりも栄養素がたっぷり含まれており、ローカロリーで自然生まれの「スーパフード」。南米生まれの“キヌア”や“アサイー”なんて聞くと「おお! いかにもSUPER!」という感じですが、手に入れにくく価格も高めなので続けにくいですよね。そこで今日はご近所のスーパーでも手に入り、日々の食生活に取り入れやすい「スーパーフード」をご紹介します。

緑茶/紅茶

カロリーフリーの抗酸化剤。お茶は血圧を下げ、ガンや骨粗鬆症を防ぎ、脳卒中のリスクを下げてくれます。日光による肌へのダメージを防ぐうれしい働きも。特にカフェインが気になる方以外は、少なくとも3分はしっかり蒸らしましょう。抗酸化作用は緑茶の方が上。紅茶がお好きな方はお砂糖よりも蜂蜜、ミルクティーよりレモンティーを選ぶとより健康的。

クルミ

ナッツの中では抗酸化作用の王様! さらに、くるみに含まれる型のビタミンEはがん細胞の増殖を休止させると言われています。動脈硬化を防ぎ、コレステロール、中性脂肪の値を下げる生活習慣病予防のスーパーヒーロー。ほかにも糖尿病やうつ病を防ぐ効果も。生のクルミを食べるのが苦手な方はクラッシュしてサラダにかけたり、パスタにかけたりしましょう。
生のものよりもローストされたものの方が栄養素は格段にUPします。選ぶなら味付けされていないローストのくるみを。8粒くらいを1日おきに食べる程度で十分です。

バナナ

バナナには炭水化物、カリウム、ビタミンB6がたくさん含まれています。すぐに体に吸収されエネルギーに代わるブドウ糖を始め、果糖、でんぷん、ショ糖と吸収されるタイミングが違う栄養素を含むのでエネルギーが長く持続します。カロリーも1本80キロカロリー前後と意外と低カロリー。お値段も手頃でお財布に優しいスーパーフードです。食べる時は、シュガースポット(皮にできる黒い斑点)がしっかり出てから頂きましょう。

ダークチョコレート

ダークチョコレートには多くのフルーツより高い抗酸化作用が。ガン予防にも効果が期待されています。そしてリラックスにもってこいの自然のムードブースター。1日1かけ~2かけで十分効果が得られます。添加物をあまり使用していない、カカオ含有量の高いものを選びましょう。

お買い物のついでにすぐに手に入っちゃうスーパーフード。美味しく、手軽に取り入れてますます健康的な毎日を送って下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。