美女子の間で菌活ブーム?!食べるだけで美肌に!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.08.07.Wed

婚活、朝活など○活ブームな最近ですが、ひそかに女性に人気を呼んでいる「菌活」は始めていますか?まだの方は要必見!
「菌」と聞くと体に悪そうなイメージもありますが、全くの間違い!
そして菌活とは、ヨーグルトやチーズ、塩麹や味噌、そしてキノコなどの体に良い菌のある食材を食べ、菌の働きを利用して美しくなろうという活動です。

菌を食べることが美容に良い訳

便秘などで肌荒れをするという話はご存知だと思います。そもそも便秘とは、腸の働きが悪く、体の中に出ていくはずの毒素を溜めこんでいる状態。私たちの体は毒素を何らかの形で出そうと頑張ってしまうため、皮膚からも毒素を排出しようとして、にきびや肌荒れの原因となるのです。
そこで、効果的なのが今回の菌活!菌活で良い菌を増やすことによって、腸の働きがスムーズになり、デトックスすることができます。そして、腸がキレイになることで、栄養の吸収がスムーズになり、肌にも栄養が隅々までいきわたることで、健康的な美肌を目指せるという訳なのです。

菌活に取り入れたい食材とは?

菌と聞くと初めは何を食べればいいの?と思うかもしれませんが、体に良い菌が入っている食材は、スーパーなどで気軽に手に入り、普段の生活にも取り入れやすいものばかりなのです。

ヨーグルト

菌の種類はさまざまですが、代表的なのがビフィズス菌。腸内環境を整えてくれます。

キノコ

ビタミンB群が豊富なので、肌荒れや大人ニキビなどにピッタリ。免疫力を高めてくれる他、肌荒れを改善。

納豆

ビタミンEが含まれ、肌老化の原因の活性酸素を除去する働きがあります。

塩麹、味噌、甘酒

整腸作用のある麹菌は、便秘にピッタリ。

他にもチーズやキムチなども効果的です。
このように菌の含まれる食品はビタミンや豊富な栄養を含むことから、整腸作用や美肌効果、さらには老化防止などが期待できるまさに美を目指す女性の味方なのです。

実際に菌活生活をしています。

毎日3食自炊しているため、積極的に菌食材を取り入れてみました。食事には、朝ご飯にヨーグルトを取り入れ、昼や夕食には塩麹を加えたジャーマンポテトやキノコソテー、キノコを使ったお味噌汁、キノコを入れた炊き込みご飯と、初めの3日間は菌をふんだんに取り入れました。もともと酷い便秘症が悩みでしたが、2日目から効果を実感。

それからおかずの1品に菌を取り入れること3週間。便秘の文字は消え、そのお陰で体重も1キロ減少。嬉しいことに、月経前にも関わらず、肌トラブル知らずに。そして毎日肌がなんとも言えぬしっとり感に包まれた日々で、乾燥肌が改善されたような気がしました。
しかし、辞めた途端にまた便秘に戻ったこと…。これにはビックリでしたが、一度辞めて みたお陰で菌の効果の素晴らしさを実感することができました。そして現在また再開し、続けているという訳です。
お味噌汁は一日3食、具材にキノコを加えたり、納豆やヨーグルトなどは毎日朝食になど、菌を習慣付けると良いですね。

菌を取り入れて美容と健康をいっぺんに手に入れられるなんて嬉しいですよね。
皆さんもさっそく好きな菌食材から始めてみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/