求めれば奪われるのは当たり前!?弱い自分に打ち勝つ方法3選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.06.13.Thu

あなたが、何かを成し遂げたいと思ったとします。しかし目的ができて、それに向かって前進していくと、そのペースが速ければ速いほど大きな障害が現れたり、希望を奪われたりするのは常。まるで試されているかのように、何度も「諦めなければいけないのかな?」と考える状況がやってきたりするのです。そこで今回は、ピンチをチャンスに変え、自分の弱さに打ち勝つ方法について書いてみました。

挫折をしても、再び立ち上がる力があれば問題ナシ

順調に物事が進んでいるときはいいのですが、大きな挫折をしてしまうと、なかなか立ち上がることができなくなります。しかし、それはそれで大事な期間なのではないか、と著者は思うのです。
最終的に再び立ち上がる力があれば、それだけで良いでしょう。挫折をして、無気力になっているときは無理をせず、その状況から動かないことも大切です。そうすれば、自然と再び立ち上がる勇気を与えてくれる人が現れたり、これまでの人生観が覆されるような出来事が起こる可能性大。挫折は「今後のやり方をじっくりと考えるためのチャンス」だと受け止めると、人生がガラリと変わってくるでしょう。

周りからの批判や中傷は栄養剤に変える

何かに向かってあなたが努力を積み重ねている過程で、他人から否定されたり、中傷されたりすることはよくあることでしょう。でも、そこで諦めていては、何も得られません。何かを求めれば、もちろん応援してくれる人も現れますが、それを奪おうとする人が現れるのは、当然なことなのです。
あなたが求めるものが大きければ大きいほど、強大な敵が現れます。ですがそんな人たちのことは、意に介さず、目的に向かって突き進んでいきましょう。もし、そのような人たちが直接何かを言ってくるようなことがあったら「ありがとう」と、とびっきりの笑顔でお礼を言ってあげてください。そのくらいの心の余裕があれば、弱い自分に打ち勝てるはずです。

絶対に「これだけはやり通す」と自分に誓う

すべての物事は自分の気持ちひとつで決まる、と言っても過言ではないでしょう。そのため、どんな事が起こっても、ブレない自分を作っていくことが大切です。
一度、これだけはやり通すと決めたら、最後まで諦めないようにしましょう。いきなり大きな目的に向かって走り始めるのはちょっと、と思うようなら、すぐにでも実現できる目的を持って、行動してみてください。それを繰り返していけば、大きな目的もクリアできるほどの強さが持てるようになりますよ。
それでもなお、弱い自分は存在するのですが、以前よりもその存在がずっと小さくなっていることに気づくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。