整理整頓のコツは楽しく見やすく収納が掟!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.06.11.Tue

生きていく上でどんどん増えていくものが『物』。家が狭い、忙しい、片付けが苦手…など理由はさまざまですが、共通して言えることが、収納ができないこと。しかし、整理整頓に重要なことは、片づけるスペースでも、時間でもなく、収納の基本を知ることなのです。今回は楽しみながら出来る収納法をご紹介していきたいと思います。

知っていきたい収納の掟!

1…全体を見渡してパッと見で判断する

放っておけばどんどん増え続ける物。物を整理することは心の整理に繋がります。部屋が散らかっていては心も反映されてしまうもの。片付いていない部屋を見渡して、パッと見た第一印象で使わないもの、使うものを判断し、今使わないものは結局いつまでも使わないことが多いので、名残惜しまず袋にまとめましょう。また、今使わないものはひとまず仕分け。アイテムごとに仕分けすれば無駄なものも一目瞭然です。

2…使うものをグループ分けする

ここまで使うものだけを残しましたね。次に、そのアイテムの種類や用途ごとに収納場所を分けていきます。ポイントは『いつ・どこで・誰が使うのか』を考えることが大切です。例えば同じ種類の物でも子供と大人が使うものを同じ場所に収納していては、子供がそれを出す時に余計なものまで散らばってしまいます。あらゆるものをグループ分けすることで、行き場の定まらないものが散らばることもありませんし、探しながら散らかしてしまうこともありません。
また、子供が片づけ嫌いにならないように、ここのカゴにはおもちゃ、このケースには絵本などと見て分かるルールを付けてあげると片づけも習慣づけられるでしょう。

3…定位置を決める

物を探す時間も、案外ムダな時間になります。見つけたとしても目的の物を奥から引っ張り出したりと一苦労。家族がよく使うもの、細かいものなどは分かりやすい位置に決めて、簡単に取り出せるような置き場所を作りましょう。そこに戻すのが習慣になれば、どこに置いたっけ?ということがなくなるほか、さっと取り出せてさっと戻せるようになるので、物をそこらへんに置きっぱなしということもなくなり部屋が片付きます。

楽しく見やすく収納が整理整頓の鍵!

1…小物類は見せるように収納!

小物類は細かいものが多かったり、絡まりやすかったり、スペースを区切って収納しないとぐちゃぐちゃになりがち。見せるように収納したり、雑貨のようにディスプレイにしたり、堂々と隠さずインテリアにすることで、グッとおしゃれに見えます。パッと見ても何がどこにあるか分かる上に取り出しやすい・仕舞いやすいもの魅力。

2…収納スペースに収まらなくてもスペースを増やさない&古いものから捨てていく!

物を購入しては増え…洋服や小物など似たようなものばかりそろってしまったり、保管するスペースがどんどんなくなり、新しいスペースを作っていませんか?整理整頓に重要なのは物を増やさないこと!それは決して新しいものを購入しないということではありません。新しいものを購入したらそこに仕舞うため、古いものを処分するということ。
例えば靴箱のように、決まった足数しか入りません。新しいものが増えても入らないので収納を増やさず、この中から使わないもの、古いものから捨てていき、新しいものとチェンジしていくことで、物が増えても収納を増やす必要はありません。

3…雑誌や書籍、子供の絵や作品はファイリング!

雑誌なども読み物は、意外にもとてもかさ張りやすく、毎月のように増えてしまいがち。読み終えた雑誌や書籍は必要なページ、お気に入りのページだけをファイリングするだけで、毎月溜めずに捨てることができますね。
そして子供が書いた絵や作品、賞状なども年々溜まっていきますね。特に絵などは丸めて仕舞いがち。丸めてしまうと再び開いて見る機会も減ってしまいますよね。長期保存も出来、かさ張らないファイリングをすることで少ないスペースで何十年の思い出を保管でき、いつでも開いて見ることができます。

片付けはついつい性格や物をそのままにしてしまうなどの、普段のクセが出てきてしまうかたが多いです。自分のクセ、家族のクセを把握して収納ルールや少し方法を変えるだけで、部屋も心もキレイに…。そして収納が楽しくなるかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/