止まらないイライラや緊張に!「鏡を見る」だけの簡単リセット術

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2013.06.24.Mon

イライラや緊張にのみこまれてしまう時って、どうしてもありますよね。何をしても止まらない、そんな時に簡単にできるのが「鏡を見る」こと。自分の顔を見るだけで、イライラや緊張を抑えることができるんです。
知っておけば、いつでもどこでも活用できますよ。

イライラした時

イライラがどうしても止まらない、怒りの感情にのみこまれた時、自分の顔を鏡で見てみましょう。
「眉間にシワ、口はへの字、仏頂面、鬼のような形相」ではありませんか?その顔を向けられる相手は、あなたをどう思うでしょうか?男性なら嫌気がさすし、子どもなら怯えるでしょう。
どれだけ自分が怒りの感情にのみこまれているか、顔を見るだけでこんなに分かってしまうの。「鬼のような形相」という言葉も、実は言葉だけじゃないんですよ。

緊張・プレッシャーに負けそうな時

大事な仕事やデートで、緊張やプレッシャーに負けそうな時も、鏡で自分の顔を見てみましょう。
「不安気、自信がなさげ、かたい表情、緊張が分かる表情」をしていませんか?その顔で、本当に仕事やデートがうまくいくでしょうか?
緊張はまだ良いですが、自信がなさげな顔は仕事にマイナスですし、かたい表情は恋愛にマイナスです。

表情を変えよう!

自分の表情を鏡で見たら、これじゃあダメだと気付く人も多いでしょう。ではどうすれば良いのでしょうか?

顔の隅々まで見る

顔の隅々までよく見てみましょう。目、鼻、口、額…全て生まれた時からあなたと時間を共にしてきたパーツです。自分は自分だし、やることもやった、そんな自信をくれるのが、実は自分の顔なんです。

顔の運動をする

大きくアイウエオの口をする、色んな表情をしてみるなどして、表情筋を柔らかくしましょう。表情が変化しやすくなります。

笑顔を作る

笑顔を作れば気分まで上がることは立証されています。目尻と口角をあげ、笑顔を作りましょう。

いかがでしょうか?
即できることですから、覚えておいてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/