占いに頼りすぎるのは立派な依存症。占いジプシーを脱する方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.05.21.Tue

「占いジプシー」とは、恋愛、仕事、人間関係などで悩んだことがキッカケとなり、短期間の間に複数の占い師に鑑定してもらう人のことを指します。占いジプシーになると、ひとりの占い師の鑑定結果では満足できず、何人もの占い師をはしごしてしまうのです。もし、そんな状態が続いているのなら、占いに依存していると思った方がいいかもしれません。さて、どうすれば占いジプシーを脱することができるのでしょうか?

問題に対してできることをやる

占いに依存してしまうのは、自分の気持ちを誰かに肯定してもらいたい心の現れでもあると思うのです。そのため、まずは自分自身が占いに依存しているという現実を素直に認めましょう。そのうえで、何か悩んだときは、占い師に頼る前に、自分自身を信じてみてください。それが難しい場合は、その悩みに対して、とにかくできる限りのことをすること。それはどんな小さなことでも構いません。できることをやっていけば、自分への自信が少しずつ回復していくはずです。
最初はきつく感じ、思わず占いに頼りたくなってしまうこともあるでしょう。ですが、1日、3日、1週間と続けていくことで、脱・占いジプシーできる可能性が高まります。

占い結果に振り回されない自分をつくっていく

占いですから、当然当たることもあれば、外れることもあります。絶対に確かなものなど、この世には存在しません。だからこそ、どんなに悪い鑑定結果だったとしても、逆にどんなに良い鑑定結果だったとしても、あなたの受け止め方次第だと言えるでしょう。たとえば、恋愛で相手の気持ちを占っている場合、人の気持ちなんて、コロコロ変わるものです。そう考えると、占いはアドバイス程度にとどめておいた方がいいものだとわかるでしょう。
大事なのは、占い結果ではなく、問題に対してあなたがどうしたいかなのです。自分の気持ちを尊重してあげましょう。自尊心が強くなれば、高い確率で、占い結果に振り回されないあなたになれます。

占いをしないと苦しくなる場合は…

自分でも占いをすることを止められず、罪悪感でいっぱいになっている場合や借金してまで占いをしている場合は、思い切って専門家に相談しましょう。依存症をひとりで治すのは大変です。依存症を治すことに長けた心理カウンセラーのカウンセリングを受けたり、心療内科を受診してもいいでしょう。困ったときのためにいるのが、その道の専門家です。何も恥ずかしがることはありません。
脱・占いジプシーをすると決めたあなたの行動は、力強い一歩となるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。