虫歯予防は歯磨きだけじゃなく食生活にも重要ポイントが?!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.05.10.Fri

皆さんは定期的に歯医者に訪れていますか?ほとんどの方が経験のある虫歯。この虫歯はどのように出来るのか、予防方法は何なのか?予防と言ったら歯磨きを思い浮かぶと思いますが、実は虫歯予防は歯磨きだけでなくそれ以外にも食生活において歯を強化できる方法はあるのです。今回は虫歯について予防法とともにお伝えしていきます。

虫歯予防の対策って?

一番大切なのは、やはり歯磨き。朝起きた直後や、朝昼晩、食後に歯を磨くのが理想です。最近では口内洗浄の液体や、歯医者さんでの歯石取りなど虫歯の原因を取り除くものが増えてきています。
日常での予防はその他に、適切な生活習慣が大切。私たちが寝ている間は、殺菌作用のある唾液が少なくなり、虫歯の原因ミュータンス菌が増えやすいため、就寝前は飲食を控え、必ず歯磨きをすること。そのため、起床後すぐの歯磨きは虫歯予防に効果的とされています。また、虫歯では食事でも予防ができるのです。歯を強化するカルシウムや、その吸収を促すビタミンDを積極的に摂ります。骨を強くするビタミンC、歯を支える歯茎の強化に働くタンパク質なども不足しないように補いましょう。また、噛みごたえのある食べ物は唾液がよく分泌されるためおすすめです。
甘いもの(砂糖などの糖質)はプラーク(歯垢)を沈着させるため、甘いものは摂りすぎないように注意が必要です。

丈夫な歯を作る食事とは?

虫歯予防には歯磨き以上に丈夫な歯を作ることも大切です。そこで歯の強化におすすめの食材・食事法をご紹介していきます。

おすすめ食材

カルシウム…牛乳・乳製品・小魚・大豆製品・干しえび

ビタミンD…魚・きのこ・卵・ちりめんじゃこ(しらす干し)
単独でも効果的ですが、これらを一緒に摂ることでカルシウムの吸収がよくなり効果を発揮しやすくなります。丸ごと食べられる小魚や干しえびなどは一挙両得です。

ビタミンC…野菜(ブロッコリーなど)・果物(柑橘系の果物など)
骨や歯を強くする働きがあるビタミンCは成分を逃がさないためにも煮る・ゆでるよりも炒めるほうが良いでしょう。そのまま食べられる果物など生のままがおすすめ。

おすすめ食事法

噛みごたえのある料理を作る
私たちの唾液には、自浄作用があり、虫歯や歯周病の予防に役立ちます。調理方法でも切り方を小さくではなく大きく切る、火の入れ方で固さを調整するなどして、咀嚼力が高まる、また噛む回数が増える調理の工夫をしましょう。

フッ素やビタミンCが豊富の緑茶
歯の再石灰化に効果的な成分として注目されているフッ素。緑茶や抹茶には、そのフッ素や骨や歯の強化に繋がるビタミンC、さらには殺菌作用のあるカテキンが豊富に含まれているので虫歯予防に効果的とされております。

まとめ

虫歯予防には歯磨きだけでなくて、食事などで歯を強化するサポートも必要。カルシウムやビタミンD・Cをしっかり摂る生活習慣が大切です。歳を追うごとに大切になってくる歯。若いうちからしっかりとしたケアをしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/