賢い女子は実践してる!残業しないためにやめるべき6つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2013.04.25.Thu

「残業している人は仕事ができる」は、一昔前のイメージ。実際はダラダラ仕事を最後までやっていても能率は上がらないですし、自分の時間もとれず疲れるだけ。集中してきちっと仕事をし、早めに帰って自分の時間もとるのが賢いイマドキ女子の働き方です。
今回は仕事を早めに終わらせるために、やめたいことをまとめました。

1、休憩を適当にとる

自分の気が向いた時に、適当に休憩時間をとるのはやめましょう。適当な休憩のデメリットは「きちんと休んだ気がしない」「換算すると意外と時間が長い」こと。
机の上でただぼーっとしたり、仕事をやりながら休むのでは、きちんと休んだ気がしません。結果休憩をとる回数が増え、換算すると案外長い間休憩をとってることになるのです。
休憩はきちんと休むこと。1時間に10分と時間で決めたり、15時には自分でお茶をいれたり外の空気を吸いにいくなど意識的に休んで。
しっかり休むことで、仕事に集中できます。

2、仕事に優先順位やメリハリをつけない

くる仕事を順々にこなすだけな、無計画な仕事の仕方をしていませんか?人が本当に集中できる時間は、限られています。仕事に優先順位をつけ、メリハリを出すことで集中度が上がり、仕事も早く終わります。
例えば朝一やランチ後に大切な仕事はいれないこと。アイディア企画や雑務にあてましょう。朝は10時〜、昼は14時〜に重要度の高い仕事をすると、メリハリがついて仕事もはかどります。

3、気のノらない仕事を後回しにする

気のノらない仕事を後回しにしたり、「嫌だなぁ」と思いながら時間をかけてやる人は多いでしょう。
気のノらない仕事の上手な乗り越え方は「1番最初に淡々とやってしまう」こと。いくら前向きに考えようとしても、嫌なものは嫌ですよね。乗り越えるには鬱々考えるより、さっさと終わらせること。

4、雑務をダラダラ行う

メール返信や封入、書類の記入など、雑務をダラダラやっていませんか?ダラダラやれば時間もその分かかります。
賢いのは「後回しにせずその時にすぐやること」と「まとめて時間を決めてやる」こと。メールを読んだらすぐ返信する、雑務は5分と決めてやることで、無駄な労力と時間を使わないですみます。

5、上司に確認をとらない

疑問が浮かんでも自分で考えてやってしまい、結局後でやり直すことになったなんてこともよくあります。重要な仕事ほど、疑問が出たらきちんと確認をとりましょう。

6、デキる人を真似ない

そもそも全ての仕事は真似することがはじまりですよね。同じように、デキる人を真似することで、自分の仕事が上達するのです。しっかり真似る子は、自分のスキルも上がっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/