今すぐストップ!人生を停滞させる“タブー”な言葉たち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.04.12.Fri

普段あまり気づかないかもしれませんが、言葉には多くのものを左右する力があります。正しいタイミングでいい言葉を口にすれば、運気を上げることもできますし、また常に否定的な言葉を発することでせっかくの運を逃すこともあります。ですから使う言葉はぜひ慎重に選んでほしいと思います。
そこで人生を停滞させてしまう避けるべき言葉をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください!

タブーワード:“私はどこに出ても自信を持って堂々としていられる”

よく自己啓発本などには、“ポジティブシンキング”な力を伸ばすために、自分に自信をつけるような言葉を発しましょうと書かれていますが、無理に言葉だけそうしても気持ちは空回りするだけ。ますます自信をなくしたり、気分が落ち込んでしまうこともあるそうです。
曖昧で実感のもてない“ポジティブ”な言葉よりも、“こうなりたい”という希望をより具体的な言葉で表すほうが効果があります。
たとえば人見知りタイプでなかなか他人と打ち解けられない人は、こんな風に呟いてみて。
“次に人とたくさん出会う場に出たときは、笑顔を浮かべて隣の人に話しかけてみる、そして最低3人とは世間話程度のことを話せるようにするわ”

情景やシーンまで具体的にイメージしたなかで“こう振る舞いたい”という願望を抱いたほうが理想に近づきやすくなります。

タブーワード:“○○するにはもう若くないから”

人はなにをするにも遅すぎることはありません、でも世の中あまりにも多くの人が“もう若くないから”といった言い訳を自分にして、新しいことにチャレンジすることから逃げています。
年齢は単なる数字でしかなく、若さとは精神の状態である、ということを覚えておいてください。そしてもし“もう若くないから”という言葉が出そうになったら、“誰がそんなことを言ったの?”と自問してみて。多分答えは明らかでしょう。

タブーワード:“○○しなくてはならない”

“~しなくてはいけない、するべき”という言葉自体、強制的な響きをもっており精神力の弱い人間にとっては苦痛な気分をもたらします。“ダイエットしなきゃ、禁酒しなきゃ、野菜をもっと食べなきゃ”などなど、これが少しでも守れないとまるで自分がダメ人間のように感じられてモチベーションダウンしてしまうことも。
それよりも“○○をやれば、こんな効果がでるんだ”と成果や期待を言葉にしたほうがやる気が出ます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。