気分を変えるには足元から!絶対綺麗になる靴の魔法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2013.04.26.Fri

ブーツのシーズンも終わり、街中はすっかり春夏モード。ウィンドウにも鮮やかなパンプスが並んでいて、見ているだけで心踊る女子も多いのでは?靴は「お洒落は足元から♪」「経営者は靴を見る!」と言われているほど、ファッションのなかではずせないポイント。
しかしながら種類もバリエーションもあふれる靴のなかから、自分に合った靴を見つけるのは少し難しい。そんなあなたに、靴選びのちょっとしたコツをご紹介します!

脚が綺麗に見えるヒールの高さ

歩きやすいペタンコ靴から、恐ろしいほど高いハイヒールまで、女子は色んな靴を楽しめます。種類がありすぎて選びにくいですが、一番きれいな脚にみえるヒールの高さってどれくらいなのでしょうか?
ふくらはぎの筋肉がキュッとあがり、なおかつ歩いてもそこまで痛くならない高さ…。
答えはずばり、7センチ。
脚を綺麗にみせるには9センチくらいは必要だという声もありますが、あまり高すぎてしまうと脚に負担がかかってしまったり、下品に見えてしまうことも。いろんなシーンで合わせやすい高さとしては7センチくらいがベストです。

絶対に自分に似合う靴を見つけるポイント

ハイヒールには「顔」があるのをご存じでしょうか?前から見たつま先の顔面、横から見たときにヒールの曲線を描く横顔、そして後ろからヒール全体で雰囲気を醸す後頭部。
なにより注目したいのは、足の甲から指の付け根にわたる部分。ハイヒールを履いた時の足の甲の部分は「デコルテ」と呼ばれています。デコルテがすべすべだと若々しく色っぽいのと同様、足の甲がガサガサしているとせっかくのお洒落靴も台無しです。
よく、足の付け根の部分がパンプスからはみ出ている人を見かけますが、あれは足にとって谷間にあたります。よって、足の指の付け根が見えすぎていると品がなくなってしまうことも。逆に足の甲が隠れすぎると色気に欠けるという…。色っぽく可憐に見えるよう、つま先の形や足の甲の出具合、横のラインに至るまで徹底的にこだわってお気に入りを見つけたいですね。

一番大事なのは靴磨きと清潔感

そして一番大切なのは靴磨きです。どんなに値段の高いハイヒールでも、汚れていたり、ヒールに傷があったりしては言語道断です。一週間に一度はよく磨き、ヒール部分のチェックをすること。また、傷がついていたら修理をしてもらうことをお勧めします。
そして、気になるのが匂い。お座敷や人の家に上がったときに匂ってしまうのは悲惨です。そこで靴を簡単に消臭できるのが10円玉。10円玉は匂いを消したり殺菌をする効果があるので、脱いだら入れておくと良いかもしれません。

参考記事:
脚が最高に美しく見え、疲れないのは7cmのヒールと専門家 アメーバニュース
殺菌効果あり!10円玉を使って靴の臭いをスッキリ消臭する裏ワザ! 女性の美学

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:[email protected]