春の出会いをつかむ、簡単で心に残るコミュニケーション術。

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.04.01.Mon

春は出会いの季節。恋がはじまったり、友達ができたり、たくさんの素敵な変化が起きるかもしれません。ただ、皆にとって出会いが多い季節だからこそ、「また会いたい」と思われる人になるには、相手に印象を残す一工夫が大切です。

心に残る人になるには、手書きのメッセージが効果的。

おすすめは、手書きで気持ちを伝えること。「ありがとう」「お疲れ様」など、日頃よく使う言葉でも書いて伝えるだけで、ぐっと印象的になります。
働く女性向けのアンケートによれば、約95%の人が「手書きのメッセージは嬉しい」と答えており、「人間関係を円滑にする効果がある」という回答も8割を超えています。
恋も仕事も人間関係。ほんの一言書くだけで、コミュニケーションがうまくいったり、周囲からの評判が良くなったりするなら、試してみる価値はありそうです。
(アンケート参照元:“手書き女子”に憧れる!働く女性の95%以上がメッセージは「手書き」が嬉しい。 コミュニティアンケートレポート わたしみがき)

すぐできる! ひとこと手書きの3つのポイント

手書きといっても、長い文章を書く必要はありません。ほんの一言で十分です。オフィスや学校で実践できるポイントを3つご紹介します。

POINT① 「ありがとう」を書く。

手書きにおすすめの一言は、「ありがとう」です。お礼を言われて嫌な気持ちになる人はいませんし、自然と周囲への感謝の気持ちが増すので、考え方が明るく前向きになる効果もあります。たった5文字なら、負担にもなりませんね。

POINT② まずは、手持ちのペンと付箋から。

始めるのに、特別な道具はいりません。いつものペンと付箋で十分です。「ありがとう」と書いて、お菓子などに貼って渡すだけで、温かみのある感謝が伝わります。慣れてきたら、可愛いデザインのものを選ぶと書くのが楽しくなります。

POINT③ 短く、すぐに、たくさん書く。

せっかくの手書きも、1回だけでは印象に残りにくいものです。短くて良いので、間をあけずに、たくさん書きます。最初はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、徐々に慣れるので、まずは2週間など期間を決めて試してみましょう。

最後に

メールやSNSでのコミュニケーションが主流だからこそ、たったひとことでも、手書きのメッセージは心に残ります。春の出会いを次につなげるためにも、新しい習慣を取り入れてみませんか?何かがちょっと、変わるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

吉戸 三貴(よしど みき)

コミュニケーションスタイリスト。パリ留学、美ら海水族館広報、PRプランナーなどを経て、表参道で起業。ブランドPRや女性の悩み相談など、様々なコミュニケーションの課題解決をサポートしている。得意分野は、コミュニケーション(恋愛・仕事)、働く女性、ライフスタイル、仕事術など。
著書 『心に残る人になる たった1つの工夫「ありがとう」の手書き習慣』