メカニズムを知れば、後回し癖はすぐ克服できる!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2013.04.30.Tue

これも、あれも後回し。後回しにした結果、納期直前に大慌てで雑な仕事をしてしまったり、一ヶ月に一度もジムに行かなかったり、約束の時間に遅刻したり。まだまだ時間があると思っていたのに、結局何もやらずじまい。そんな経験はありませんか?後回しの悪い癖は夜更かしや食べ過ぎなど不健康な生活も引き起こし、病気の原因になってしまうことも。
後回し癖のメカニズムを知って、今すぐ後回し癖を克服しましょう。

知らないうちに自分自身に操られている!?

思考、感情、やる気が無意識のうちに自分自身にコントロールされているって知っていましたか?
やるべき任務をきちんとこなしたい、さっさとダメ男と別れて素敵な男性とさわやかな恋愛をしたい、ダイエットを始めてスリムな体を手に入れたい。自分はそう思っているつもりなのに、実は心の奥底に正反対のことを考えているもう一人の自分が潜んでいるのです。

もう一人の自分

自分の可能性を試したいけど、もし努力して失敗しまったら?ダメ男と別れて素敵な男性とさわやかな恋愛を楽しみたいけど、素敵な彼が私の元を去ってしまったら?どうせ失敗するならやらない、どうせ振られるなら自分とは釣り合わないダメ男と付き合っている方がよっぽどまし。心の奥底でそんな風に思っているもう一人の自分がいるなんて想像したことありますか?

希望を捨てれば傷つかない?

人はたくさんの経験していくなかで何度も絶望の壁にぶちあたります。そして努力が報われる保証などどこにもないということを少しずつ学んでいきます。何度も失敗を繰り返すうちに、過去の悲惨な記憶が蓄積し、もうこんな思いしたくないという気持ちが強くなっていくのです。
そこで、多くの人は希望を捨ててしまうことで、拒否されたり失望したりする危険から自分自身を守っているのです。

不安や恐れが行動を抑制する

やるべきことをやらないのは怠慢のせいではなくて、心の奥底に存在する恐怖心の現れなのかもしれません。一生懸命努力したのに失敗してしまったら?やり遂げたのに充実感が得られなかったら?せっかく努力して手に入れたものを失ってしまったら?
れた不安や恐れが、知らず知らずに自分自身の行動を妨げているのです。なにも達成しないことで失望を逃れ、また将来できるかもしれないという可能性と希望を保っているのです。

まずは自分を見つめ直すこと

行動的になるには、まず自分と向き合うことが大切です。過去に失敗した実例をよく思い出し、なぜ失敗してしまったのかその原因を探ってみましょう。
失敗は成功のもと。過去の失敗から過ちを学び、失敗への恐怖心を徐々に克服していけば、怖いものなし。早速後回し癖とお別れして、新しい自分に出会いましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr