人前で、プレゼンで雰囲気にのまれてしまうあなたがやっておくといい基本的だけどしっかり効く8つの行動

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2013.03.28.Thu

偉い立場や威圧的な人との会話、大勢の人前で話す時、試験を受ける時など、その場の雰囲気にのまれてしまうことが多いですよね。
「人をジャガイモと思え」なんて言われますが、ハッキリ言って筆者には効果がありません。雰囲気にのまれず自分らしくやりきるにはどうすればよいのか?有効な方法を8つほど集めました。

1、「雰囲気にのまれている」と唱える

「今自分は雰囲気にのまれている」と心の中で唱えましょう。
オーバーな妄想に捉われたり、ガチガチに緊張した状態から思考が逸れ、冷静な自分を呼び起こすことができます。

2、妄想の時間を決める

「みんな自分よりデキそう」「みんな自分に注目してる」なんて妄想が始まったら、妄想を辞める時間を決めて。
「あと3分だけ」と時間で決めてしまえば、意識的にマイナスな妄想の無限ループを防げます。

3、1~2分時間をとる

雰囲気にのまれると、「早く終わらせてしまおう」という気持ちが勝り、どうしても焦ってしまいます。しかし焦って行ったもので良い結果は生まれにくいですよね。
焦ってすぐに行動を起こさず、1~2分時間をとるようにしましょう。深呼吸をしたり、準備したり、雑談をしたり…少し呼吸や脈を落ち着けるだけでも、結果は変わります。

4、友達にするように自分にアドバイス

もし今の自分の立場に友達がいたら、どんなアドバイスをするでしょう?「偉い人でも悪い人とは限らないよ」「自分の力を出して」なんて、友達相手だと冷静にアドバイスできるものですよね。これが自分のことだから、雰囲気にのまれきって抜けられなくなるのです。
友達にアドバイスするように自分にアドバイスすれば、冷静な考え方ができます。

5、「こんなもんだ」と思う

あなたが経験した大抵のことは他の人も経験しており、あなた以上に大変な思いをした人も大勢います。
自分の体験が特別だと思わないこと。「多くの営業マンがこのレベルの社長と仕事をしてきたんだ」「100人いればこんなもんだ」など、「こんなもんだ、これが普通でどこにでもあることだ」と思いましょう。初めからこのスタンスでかかると、あまり緊張しません。

6、眉間のあたりをみる

どうしても沢山の人の顔や、相手の威圧的な顔を見てしまう…そういう時は、相手の目でなく眉間のあたりを見ましょう。目はそらさず、しかし目を見ていませんので、緊張度が変わります。

7、鏡で自分の顔を見る

時間があるなら、自分の顔を鏡で見てください。雰囲気にのまれている時の顔は、固い表情をしていることでしょう。
鏡に向かって笑顔を作ったり、口角を上げるなど、顔の筋肉をほぐしてください。表情が緩んだ、良い顔付きになったと感じたら大丈夫です。

8、自分のことしか考えない

雰囲気にのまれるのは、他人に意識が集中しているから。この意識を自分のみに向け、自分のことだけ考えましょう。
自分は今回のためにどれだけのことをしたのか、自分の魅力は何か、自分はどんな最終的な目的があり、今回はどうしたいのか。これを考えるだけでかなり変わりますよ。

いかがでしょうか?100%自分の力を出すためにも、是非試してみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/