シャイな女子のための、“セクシーな自分になるためのレッスン”

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.02.15.Fri

自分がセクシーだなんて自信をもっている女子はなかなかいません。でも、まずは自分の女性としての存在を意識し、それをいかに魅力的に伝えるかということにフォーカスすることで、自然とセクシーなオーラが滲み出るようになります。
“セクシー”とは露出の高い服を着て、男に媚びることではありません。自分を魅力的にみせる術を知っていることこそ、男性を惹きつける磁力、ひいては“セクシー”ということにつながります。そんな術をぜひ身につけてください。

自分に似合うファッションを見極める。

流行モノ、ブランド物ではなく、自分の個性を引き立てるようなファッションをわきまえ、見極めることがまず大事。見た目による第一印象はかなり決定的な差をうみます。
自分の姿を客観視するためには、まず部屋に全身鏡をおいて、毎日自分のスタイルをきびしくチェック。その日の気分や季節柄に合った装いをきちんとできることが、まずは第一条件です。

シャイな自分の壁を打ち破る。

人からセクシーだと感じられる女性は、たいてい自分に確固たる自信を持ち、堂々と振舞います。それに近づくには、まず自分のシャイ(内気)な面を克服することが大切。そのために心がけたいことが2つあります。

いろんな話題についてゆけるよう情報収集は欠かさない。

さまざまな人と会話を楽しめるよう、アンテナを張って情報収集しましょう。話題についてゆけるだけの知識、情報があればしぜんと会話にも参加しやすくなります。スイーツやコスメなど女子の得意分野だけでなく、政治や社会情勢、スポーツなどもひと通りチェックしておいて。

分からないことは「なぜ」「どうして」と人に聞く。

シャイを理由に、分からないことがあっても素通りしてしまう、そんなふうでは堂々とした態度は望めません。分からないこと、知らないことは恥ずかしがらず相手に聞く、そんな習慣をぜひ身につけて。学校や会社でもこうした素直にものを聞く態度は好感を持たれ、一目おかれる存在となります。

笑顔とボディランゲージでオープンな人柄をアピール。

美人じゃなくても笑顔がすてきだと、異性からの好感度も断然アップ。そして、ボディランゲージでも、打ち解けやすい人柄であることを大いにアピールしましょう。人と会話をするときはきちんと相手の目を見て。そして背筋をしっかり伸ばし姿勢を正しましょう。これだけで自信のある快活な人柄が滲み出ます。

“セクシー”のカギをにぎるには、声のトーンだった。

“セクシー”という意味で意外とはずせないのが、声のトーン。やや低めのトーンで、おっとりゆっくりめに話すことで大人の女のセクシーさを醸し出すことができます。

参考記事:How to Be Sexy? The Shy Girls Guide to Being Sexy!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。