自分の中の「ブス」を解き放つ方が実は魅力的!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2013.02.23.Sat

グリーンスムージーやオーガニック化粧品を試し、メイクやオシャレはバッチリ決め、モテトークや仕草にも余念がない。女子力をガッチリかため、「ブス化だけは避けたい!」と目論む女子も多いのでは?
一方で、ジャンクフードにスッピンやジャージを好み、内心ブラックなことも考える…いわゆる「ブス」な面も持ち合わせてこそ、人間というもの。
実はブスを毛嫌いするよりは、適度に自分のブスさを解き放ってあげる方が、あなたらしい魅力がアップするんですよ。

ガッチリ女子力は逆にブスの原因!?

婚活に会社、女友達など、周囲の目を気にすると女子力アップに固執してしまうのはよく分かります。少しでもジャンクフードを食べたり、間違った言動をすると、「また外見も性格もブスに近付いた…」と落ち込みますよね。
しかし、よーく考えてみて。たまにのジャンクフードなんて、そこまで大きな悪影響は及ぼしません。食べたいのを我慢したり、食べてから罪悪感を感じる方が、ストレスを感じて消化も悪くなりよっぽど不健康。言動や仕草も同じです。「いい子でいたい」「嫌われたくない」「いつも明るくポジティブでいたい」と特に女子は思うもの。けれども人間なら誰だって、人を妬んだり、焦ったり、ブラックな感情は持ち合わせて当たり前。いい子だから友達や男が寄ってくるかと言えば、そうではないでしょう。ただの「近寄り難い人」になるだけです。
実は女子力に固執するあまり、逆にブスになったり、人を遠ざけているところもあるんですよ。

自分の中の「ブス欲求」を満たそう!

適度に自分の中のブスを解き放ち、ブス欲求を満たしてあげましょう。

週に1回はブスフードを許す

油、ジャンクフード、砂糖…食べるとブス化すると思われる食べ物を、週1くらいは許しましょう。
このペースなら体重や美容が大きく左右することはありません。気負うと消化に悪いのでNG。思いっきり楽しんで食べましょう!

トークは「深み」重視で

いわゆるそつのないモテるトーク法も蔓延していますが、周囲からすれば隙がなく思われがち。それよりは「深み」を重視して。素直に自分のことを話せば、相手が掘り下げられるのでトークが弾みます。長く好かれたいなら、はじめから自分らしくいることが大切。

ブストークできる友達を持つ

友達にも当たり障りのない話や前向きな話ばかりの撤退ぶりでは、疲れ切ってしまいます。本音を話す人がいないというストレスって、かなり大きいんですよ。
自分の弱さも見せれる友達、本音トークができる友達を見つけましょう。女子同士はなかなか本音を話しませんから、気を許せそうだと思ったら、まずはあなたから本音を話してみるのが有効です。

いかがでしょうか?女子力アップに励むことも大切ですが、自分のブス欲求も満たしてあげると、総合的な人間力がアップしますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/