シャキッと目覚めたいあなたに! 毎日続けたい“キレイにつながる朝習慣”3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

連日夜遅くまで働いて、朝は起きて会社に行くだけでけっこう限界。何回も鳴らして、○回目の目覚まし時計でようやく起きる人もきっと多いはず。
そんなバタバタな毎日を過ごしていると、ふっとしたときに「何やってるんだろう」とむなしくなりませんか?
2016年が間近に迫っている今だからこそ、朝習慣を見直したいですよね。朝からシャキッと目覚めて、1日を駆け抜けるためにも朝の過ごし方に注目してみましょう。そこで今回は、毎日続けたい“キレイにつながる朝習慣”をご紹介してまいります。

窓を開けて大きく深呼吸

最近は寒さが厳しくなって、早朝に起きてもまだ空全体が暗かったりしますよね。アラームが鳴ってどうにか布団を出たあとは、そのまま窓ぎわへと向かい窓を開けて新鮮な空気を室内にとり入れましょう。お家にあるすべての窓を開ければ、風がひゅ~っと通り抜け朝からすがすがしい気持ちになれます。
また朝日を浴びることで眠気が覚めるともいわれているので、窓を開けたらしばらく朝日を浴び、今日1日の予定を頭の中でイメージしながら「今日も頑張ろう」と自分を奮い立たせてみて! 起きたときよりも頭が冴えてきたら、白湯や緑茶を飲んで体を温めましょう!

朝食をしっかり食べる

朝食を食べる・食べないには賛否両論がありますが、やはりお腹に何も入ってない状態でお昼まで仕事をするのは、さすがに大変ですよね。糖分やエネルギーを補給しておくためにも、朝食はしっかり、ゆっくりと食べましょう。できれば、テレビはつけずに、外からきこえてくる小鳥のさえずりや駅に向かう女性のヒールの音など、自然に発生する音を聞きながら食事をしてみてくださいね。朝から五感をフル活用することによって、自然と眠気も覚めていくはずですよ。
時間に余裕があるときは、前日に野菜や果物を用意しておいて、スムージーやジュースをつくって飲めば、さらにモチベーションがあがっていくでしょう!

少し早めに家を出てカフェで朝活

たまには早朝に起きて、出勤する前にカフェへ立ち寄りましょう。
いわゆる「朝活」を続けることで自信にもつながり、仕事に対する姿勢も変わっていきます。なかには数人で集まってコミュニケーションをしながら、おたがいを高め合うイベント(朝活)もありますが、どちらかというとおひとりさま朝活の方がオススメ。会社に行けば多くの人とやりとりしなければいけないので、せめて貴重な朝の時間くらいは、一人でぼ~っと過ごしましょう。
その日こなさなければいけない仕事を整理したり、仕事が終わった後の予定を考えたり……気が付いたときには、ほんの少しだけ疲れがとれてワクワクした気持ちになっているかもしれませんよ。

無理はせず、できる範囲で!

いかがでしたか?
今まで夜型だった人がいきなり朝型に変えると体がビックリして体調を崩す場合もあります。いきなり一週間毎朝早く起きるのではなく、体や心の調子をみながら朝習慣を継続してみてくださいね。きっと習慣が大きく変われば、運命も可能性もどんどん広がっていくでしょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

山口 恵理香(やまぐち えりか)

WEBライターとして活動中。90年生まれ。
得意ジャンルは恋愛とライフスタイル、ファッション、ビューティーなど。
モットーは「瞬間を生きる」。現在、googirlのほかにAppwoman、TRILL、GODMake、コスメ二スト、サプリ、Ciel、マイナビティーンズなど20媒体以上で執筆中。
記事を読んでいただいた皆さまの背中をそっと押せる書き手であり続けたいと思っています。