この時期余りがちな残り『ワイン』でカンタン冬レシピ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.12.25.Tue

ワインの美味しい季節であり、イベント続きのこの時期。パーティーでも1人酒でも、ワインをボトルで買うことが増えるのでは?でもボトルワインて、「余ってしまった、飽きてしまった」なんてことが多いですよね。
そのまま捨てたり、飽きたまま仕方なく飲むのは、実はとってももったいない。ワインを料理にいれるだけで、いつもとはコクや味わいの違う料理が出来るんですよ。今回は赤白別に、カンタンな冬レシピをご紹介します。

赤ワイン

赤ワインはカレーやハヤシライス、煮込み料理に入れるとコクが出ます。

鶏肉のワイン煮込み

基本放置で、美味しく出来上がりますよ

材料→鶏肉2枚、ワイン300CC、デミグラスソース1缶、小麦粉、オリーブオイル、塩コショウ、ケチャップ大1

1、鶏肉は1口大に切り、塩コショウを揉み込み、小麦粉をまぶします。
2、鍋にオリーブオイルを入れ、鶏肉に焼き色をつけます。
3、赤ワインを入れ、強火でアルコールを飛ばしましょう。煮たったら中火にし、そのままワインが半分になるまで煮ます。
4、デミグラスソースをいれ、10分煮込んだらケチャップを入れて出来上がり。

赤ワインソースのステーキ

材料→玉ねぎ1/2、にんにく2片、赤ワイン100CC、醤油大3、バター

1、肉はお好みに、先に焼いておきます。肉を焼いたフライパンで、そのままにんにくと玉ねぎのみじん切りを炒めます。玉ねぎが透明になるまで炒めましょう。
2、赤ワインをいれ、アルコールを飛ばしたら醤油をいれましょう。3分煮詰めて出来上がり。赤ワインに合いますよ。

白ワイン

白ワインは料理酒の代わりにも使えます。

アクアパッツァ

簡単なのに見た目は豪華で、ワインや魚介、トマトの旨みがたまらない一品。スープをパンにつけたり、パスタを作っても美味しいですよ。

材料→お好きな白身魚(イサキ、タラなど)、あさり、エビ、トマト(ドライトマトも入れると尚良し)、アスパラ、キャベツ、玉ねぎ、にんにく、塩コショウ、オリーブオイル、余りワイン

1、白身魚に塩コショウをまぶしておきます。
2、フライパンにオリーブオイル、にんにく、玉ねぎの薄切りを入れ、玉ねぎがしなるまでよく炒めます。
3、白身魚をいれ、強火でしっかり焼き色をつけます。
4、残りの材料を全て入れ、煮込めば出来上がりです。

白ワインのポトフ

材料→豚肉(薄切りでもバラでも)300g、白菜1/4、玉ねぎ1個、ジャガイモ2個、人参1/2、白ワイン200cc、水200CC、塩コショウ

1、ジャガイモと人参と玉ねぎは薄切り、白菜はざく切りにする。
2、すべての材料をいれ、15ー20分ほど煮れば出来上がり。白ワイン風味で変わったポトフが楽しめます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/