男性も女性も誤解ばかり!4割が驚いたピルの避妊以外の副効用

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2012.12.17.Mon

ピルは、女性が主体となって避妊するための薬です。現在は、女性の体に対する負担が少ない低用量ピルが主流になっていますが、高い避妊効果が気にはなっても、体重が増える、不妊の原因になる?こんな副作用の心配から服用するのにためらう人も多いようです。
このたび、女性の避妊や健康をサポートするウィメンズヘルスケアの専門家団体「オーキッドクラブ」が全国 20~30代の女性400名と男性200名に、「避妊薬ピルに関する意識調査」インターネットを利用したアンケート調査を行ったところ、ピルに対する誤認や、避妊以外の副効用が見過ごされている状況など、正しい理解が不足している現状が浮き彫りになりました。自分の体を守るためにも知っておきたい、ピルの真実をまとめてみました。

知ってた?避妊失敗後3日以内の服用で避妊できる「緊急避妊ピル」

決まった時間に毎日服用するタイプのピルのほかに、避妊に失敗した後の緊急手段として使える「緊急避妊ピル」がある事を知っていますか?
避妊失敗から72時間以内(3日以内)に服用することで、望まぬ妊娠を避けることができます。
日本では2011年に初めて販売されたこのピルについて「避妊薬ピルに関する意識調査」で認知度を調査したところ、20~30代女性400名と男性200名のうち、女性は「使用経験あり」3.8%、「内容まで知っているが使用経験なし」22.8%、「名前は聞いたことがある」26.8%、「知らない」46.6%でした。男性は「内容まで知っている」16.5%、「名前は聞いたことがある」19.0%、「知らない」64.5%と答えており、女性の半数・男性の3分の2が、緊急避妊ピルの存在さえ知らないという実態が明らかになりました。

一方、女性に「緊急避妊ピルを使いたい状況に直面したことはありますか?」と尋ねたところ、「ある」という回答は49人(12.3%)に上り、潜在的なニーズがあることもまた、判明しています。緊急避妊ピルを使わなくてはいけないような状況に陥らないことが一番ですが、いざという時には女性は自身の体を守る術があることを知っておきたいですね。

「ピルを服用すると太る」「妊娠しづらくなる」「遊んでる?」ピルに対するさまざまな誤解

ピルの使用経験についての調査では、低用量ピルを「服用中」の女性は5.5%、「服用経験あり」が11.5%、「内容は知っているが服用経験なし」が20.5%、「名前は聞いたことがある」が43.5%、「知らない」が19.0%と言う結果が出ています。避妊薬としての低用量ピルの知名度は男女ともに8割前後と高い一方、女性の34.3%が「服用すると太る」、22.8%が「将来妊娠しづらくなる」など、低用量ピルに対する誤解を持っていることがわかりました。

ピルには避妊だけではなく月経トラブルや肌に対する作用などの副効用がありますが、女性の72.8%が「月経周期が安定する」というピルの副効用を理解しているのに対し、男性の理解は29.4%と低く、同じく女性の68.8%が理解している「月経痛を軽減する」という効用を理解しているのは男性のたった35.0%でした。また、「ピルを服用すると月経量は少なくなる」「ピルを服用すると肌はキレイになる」ことを認識している女性はそれぞれ38.0%、22.5%にとどまりました。
一方、「ピルを服用している女性に対する男性のイメージ」調査では、1位は「避妊について真剣に考えている」であるものの、「遊んでいそう」「夜の仕事をしていそう」などのイメージを持つ男性も存在します。

男性の多くが低用量ピルの避妊以外の副効用について理解していないことが、このようなイメージの原因とも考えられるかもしれません。

ピルにはこんなメリットも!4割が驚いた「避妊以外の副効用」とは?

低用量ピルの避妊効果は99%以上。日本での一般的な避妊法であるコンドームよりも高い避妊率です。また、それ以外にも、月経周期の安定、月経痛や月経量の軽減、肌荒れの緩和などの副効用が期待できます。また、低用量ピルの服用が体重増加や不妊の直接の原因になることはありません。女性に対し、これらの正しい知識を伝えてから感想を尋ねると、「避妊以外の多くのメリットがあること」を意外に感じる人が40.8%いるという結果となりました。

さらに、「避妊効果がコンドームよりも高いこと」に30.0%が、「体重には影響を与えないこと」に25.5%が、驚きをもって正しい知識を受け止めています。ピル服用者の満足度や、継続して飲み続けたいという希望者は約95%というデータもあり、望まぬ妊娠や、辛い月経の各症状から女性を守ってくれるピルは、私たちの強い味方とも言えそうです。正しい知識とともに、自分の体と人生を守る手段として活用していきたいものです。

オーキッドクラブ(ピルや避妊に関する総合サイト)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019