女性だからこそ知っておきたい体のこと!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2012.12.30.Sun

女性には女性にしかない妊娠や出産などの体の嬉しい特権と同時に女性にしかないマイナートラブルも存在するのが現実。
しかし知っておくことで体調不良や不安を減らし、もっと楽しく過ごせるはず!毎日、健康にイキイキと過ごすためにも、女性の皆さんに知っておいて欲しい5つのことをお伝えします。

女性だからこそ知っておこう!

そもそも生理とは…

毎月一度は訪れる月経。しくみってご存知ですか?
学生の時に学んだけどあやふや…なんて方にお教えします。女性の体は月に一回、卵巣から卵子を排出すると同時に子宮内膜を厚くし受精卵の到着を待ちます。しかし、卵子が受精しなければ子宮内膜がいらなくなり体外へ排出されます、これがいわゆる生理です。
生理で不足になるのが鉄。貧血気味になってしまう方は、鉄分の多い食事を採ることで体の不調を補えます。

生理痛とPMSの付き合い方…

生理前にイライラしたり、生理痛が酷いと辛い一週間になったりとお悩みの方も多いと思います。
PMSとは生理の1週間前くらいから起こるお腹の重みやイライラやお腹・腰の不快な状態をいいます。生理が始まると治まるのが特徴。改善策として、生理前は十分な睡眠と休養をとり心身をリラックスさせることが大切です。
そして、生理痛は10~20代前半の女性は子宮頚管が未熟で、狭いため強くなりがちですが、30代以降になると痛みが軽くなる方が多いです。また、冷えやストレスなどによっても痛みに個人差があるので生理痛は我慢せずに サプリメントや鎮痛剤などを利用したり、お腹や腰を温めるなどをして上手にかわしましょう。

更年期と女性ホルモンについて…

女性ホルモンは、思春期になると女性らしい丸みをおびた体が形成されると同時に妊娠しやすい状況を作り出す働きも。しかし30代前半でホルモンは徐々に減少。更年期以降は特に少なくなるので心身のバランスを崩しやすくなります。
また、更年期とは閉経を挟んだ前後10年間のことで、ホルモンが急激に減少することでほてりや発汗、動悸や息切れ、イライラなどが現れる方も。精神面では頑張りすぎないことが大切。そして食事に女性ホルモンに似た働きのある大豆イソフラボン(納豆・豆腐・豆乳など)を積極的に採ることをおすすめします。また、趣味などの好きなことをすることでホルモンも活性化され、良い影響をもたらします。

早めに対策、骨粗しょう症…

女性に骨粗しょう症が多いのは、ホルモンと骨に深い関係があるからです。閉経以降は、骨づくりを活発化させるエストロゲンが減少するため、骨密度が低下します。
知っていましたか?実は骨量が増えるのは実は20歳までなのです。だから、私はまだ若いから大丈夫!ではなく、知っておくことが大切!若いうちの日頃からカルシウムも意識するだけでも十分予防策となります。

美しく過ごす方法

ハッピーライフを過ごすためにも、心と体が喜ぶ生活をして女子力もアップしましょう。
そのためにも女子力アップの4つの秘策として
1,睡眠はしっかりととる
2,食事はバランスよく色々な食材を
3,ストレスを溜めない
4,適度な運動をする

睡眠は体や脳を休め、バランスの良い食事は体内の女子力アップに、ストレスは一番の体の負担に…適度な運動をして身体をリフレッシュ。この4つを心掛けることで女性の敵、冷えを防ぎ、骨を強くする効果もあります。

女性の体は月単位で大きく変化します。これらのことを片隅に入れておくことで、少しでも予防策を意識することが大切です。毎日、ハッピーライフを過ごしましょう

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/