忘年会ラッシュ目前!酔っ払い過ぎない飲み会前・飲み会中の心がけ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.12.12.Wed

クリスマス、忘年会、新年会…今年も飲み会ラッシュの時期がやってきますね。普段は自分のペースで飲めても、飲み会になると「雰囲気に飲まれてつい飲み過ぎてしまう」「酔っ払ってヘマをした!」なんて経験、結構ありませんか?
テンションの上がる飲み会でも、女子かつ大人ですから、酔いが冷めて後悔するような酔い方は避けたいもの…飲み過ぎ予防のための心掛けをご紹介します。

飲み会前

ある程度お腹を満たしておく

空きっ腹にビールは美味ですが、酒量も増えるし、すぐに酔います。飲み会前に軽く食べ、ある程度お腹を満たしておくと飲み過ぎません。

ウコンで肝機能アップ

肝臓といえばウコン。コンビニですぐに買えます。「今日は飲み過ぎそう」と思ったら、飲み会前に飲んで肝機能を高めておきましょう。

牛乳で吸収を抑える

牛乳は胃の中で膜のような機能を果たし、アルコールの吸収を抑えます。飲み会前に牛乳を飲みましょう。

飲み会中

お酒の種類は2種類まで

ビールにカクテル、日本酒にワイン…とお酒の種類の増やし過ぎに注意。自分がどれだけ飲んだのかが把握できず、色々飲むのも楽しくなり、つい飲み過ぎてしまいます。
できれば2種類までに絞りましょう。

「飲み干し系、注ぎ足し系」のお酒は避ける

ぬるくなると不味いビール、甘くてすぐ飲めるけどアルコール度数の高いカクテルなどは、酒量が自然と増えてしまいます。また、ワインや熱燗などの注ぎ足し系も、無くなれば注がれてしまうので、自然と酒量も増えます。
飲み干し系、注ぎ足し系でないサワーや焼酎などを選びましょう。

たんぱく質、水分の摂取で肝臓レスキュー

アルコールを分解する肝臓のエネルギー源は、「たんぱく質」。肉、魚、豆、卵などです。お酒を飲みながら食べる料理は、たんぱく質を早め&多めに摂取しましょう。
またアルコールの分解には、お酒以上の水分が必要となります。理想はお酒の合間にソフトドリンクをはさむこと。無理ならロックはやめて水で割る、もしくはチェイサーをつけるなど、水分多目の飲み方を選びましょう。

いかがでしょうか?飲み会前と最中に気をつければ、酔い過ぎや二日酔いも防げますよ。あとから思い出しても楽しい飲み会にしてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/