「繊細」「敏感」という長所を形にする方法!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.11.29.Thu

「繊細」な人、「敏感」な人は、世の中でどちらかというと疎まれがち。本人も外交的で明るく細かいことは気にしない人を見て、「自分はダメな人間だ」と自分を責める人が多いのでは?
それではちょっと視野が狭いかも。「繊細」「敏感」な部分は変わらないのだし、1つの個性で良し悪しの判断をするものではありません。性格は変わらないのですから、「繊細」「敏感」の長所の面を存分に伸ばしてみましょう。

「感受性の高さ」を形にして活かそう

「繊細」「敏感」ということは「感受性が高い」ということ。一般的な人よりも感じること、気付くことが多いということです。この感受性の高さこそ、あなたが活かすべきところ。ケースごとにどう活かすべきか見てみましょう。

ケース1

人と話していると、その話し相手の「言葉の端々や態度から、口にはしない本音に気付く」「微妙な感情の変化に気づく」「不穏な空気の流れに気づく」「求めていること(ここを褒めて欲しい、この話はもうしないでほしいなど)が分かる」など。

→『相手の本心に気がつきやすい、相手の気持ちに感情移入できる』のが繊細で敏感な人の長所。これは友人や恋人、会社仲間、顧客相手など幅広いところで応用可能。仕事も恋愛も友人関係も、全てはコミュニケーションが鍵を握っています。
相手の微妙なサインを見逃さず、それに合せた丁寧な対応を心がけて。例えば会話とは別に、相手が他に気にしていることがあるようなら話を聞いてみるなど。「口には出していないのに気付いて対応してくれる」これは一歩先をゆくサービスになり、大きな信頼感に繋がります。

ケース2

あるカフェに入った時に、「お店の雰囲気と内装・インテリアの微妙な不一致に気づく」「定員のサービスの漏れに気づく」「メニューの色の配置のおかしさに気づく」

→上記は1例。繊細で敏感な人は、『問題点に気づきやすい、その分アイディアが豊富』という長所を持っています。例えばあなたが今受けもっている案件やプロジェクトの問題点、切り込み口、アピール方法。どうすればより良いコミュニケーションがとれるか、よりよい仕事に近づくか、あなたが真剣に考えるほど新たなアイディアが浮かびます。

気負わず「形にする」ことが大切

繊細で敏感なことを欠点と思い、無理しておどけたり、逆に卑屈になる必要もありません。人にはそれぞれ役割があり、上記の2つのケースはあなたが本当にプラスに働かせるべき長所の役割。「相談役やカウンセラー」のような役目や仕事が、あなたに適任なのです。
重要なのは、「形にする」ということ。コミュニケーションや仕事で活かしていくと、あなたの良さが徐々に認知されるようになりますよ。あなたはあなたの花を咲かせてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/