曲がり角のアラサーだから身につけたい!「良習慣」リスト

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.10.26.Fri

20代前半までは、特に努力をしなくても大体物事がうまくいっていたという人もいるでしょう。けれどもアラサー以降は、そうはいきません。老化を感じはじめたり、責任を広く強く求められる時期へと突入。何事も努力が問われますが、「習慣化」してしまえば気も楽ですし、いつでも良い状態がキープできます♪
できればアラサーのお金と時間に余裕のある時期からはじめたい「良習慣」を集めたので、気になるものをピックアップし、まずは1週間から続けていってみてくださいね。

仕事や夢に関すること

自分の仕事ばかり考えていた人も、グループをまとめたり、部下を持つようになるアラサー期。他の仕事仲間、顧客、会社のことなど、多様な立場を考えて仕事をしないと、ステップアップしにくくなります。
また「いつか」と夢を温めていた人も、アラサーは現実的に行動をはじめるタイムリミットとも言えます。

▽ 嫌な仕事はサクッとはじめに終わらせる
▽ 重要な仕事に時間と力をかける
▽ 短所より、長所を伸ばす
▽ 締め切りのある仕事は前日までに終わらせる
▽ 上司や後輩の長所を見つける(長所を頼る、伸ばしてあげる)
▽ 毎朝30分資格の勉強をする
▽ 毎月5000円を夢や趣味に投資する
▽ 月に1度は夢に関係するオフ会や勉強会に顔を出す

美容と運動

肌や体のお手入れは、きちんとする人と適当にすませる人では10年後に大きな差として表れてしまいます。毎日のケアがベースになるものだからこそ、今のうちから習慣化を心掛けましょう。

▽ 毎朝晩のスキンケアは5分間ずつ丁寧に行う
▽ 保湿と紫外線対策は手を抜かない
▽ スキンケアは下から上へ
▽ 毎日20分半身浴をする
▽ 極力体を冷やさない(体を冷やす服はやめ、温かい飲み物をとる)
▽ 毎朝太陽の光を浴びる
▽ 階段を使う
▽ 毎晩10分ヨガやマッサージをする
▽ 3日に1回はウォーキングをする
▽ 夜の22時ー2時は寝ているようにする

食事

「今食べているものは5年後の体に出てくる」とはよく言われること。食事は体の内側からあなたを作り上げるものであり、今後の美容と健康を大きく左右します。時間がなくなると簡略化しがちな所だからこそ、時間のある今の内から習慣として取り入れてみましょう。

▽ 毎朝フルーツを食べる
▽ 毎日発酵食を取り入れる
▽ お弁当を作る
▽ 日曜の夜は丁寧に自炊をする
▽ お菓子でなく、ナッツやドライフルーツなどをオヤツにする
▽ 自分でお茶やおにぎりを作り、加工品に頼る回数を減らす
▽ よく噛み、腹八分目をキープする

人間関係

自分中心でもうまくいっていた20代前半。しかしアラサー以降も自分中心の考えでは、仕事もうまくいかないですし、友達は減る一方です。他人への思いやりを持つ心の広さと余裕は、早めに身につけておきたいことです。

▽ 先入観や偏見で人を判断しない
▽ 心は自分から開く
▽ 自分の意志はきちんと主張する
▽ わからないことは自分で解決しようとせず、人に頼る
▽ 毎晩今日起こった感謝できること(小さくて◎)を3つあげる
▽ 違う価値観も受け入れる心の余裕と想像力を持つ(独身、専業主婦、兼業主婦など、友達もそれぞれの価値観で自分の人生を決めたいきます。アラサーはライフステージの大きな変化が起こる時期だからこそ、様々な立場の価値観を受け入れないと、友達もいなくなってしまいます。)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/