集中力を上げるために工夫していること 7選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.09.11.Tue

集中したいのに何だかソワソワ。余計なものを見てしまって、なかなか仕事が進まない!
はかどらないからさらにどうでもいいことをしてしまう……そんな負のスパイラルに陥ってしまうことはありませんか?
本気で目の前のことに集中する方法を知りたい! きちんと集中できている女子をリサーチしてみました。

1、瞑想する

「どうしても集中できないときは、1分間瞑想するようにしています。その間に心を無にして、頭も空っぽに。余計なことをすべて出し尽くすんです。そうすると次の作業へサッと進めますよ」(29歳/コンサル)

2、仮眠を取る

「トイレで10分間と決めて仮眠を取ります。頭がスッキリ。集中力が途切れているのは疲れの影響もあると思います。だから疲れを取ることが先決」(27歳/営業)

3、Facebookを閉じる

「普段はFacebookを開いているんです。仕事中でも常に。でも通知が来る度にチラッとだけ見に行っちゃう。長居はしなくても集中力はなくなってますねー。だから本気になりたいときはFacebookを閉じるようにしています」(28歳/IT)

4、机を掃除する

「私の机ってとてもゴチャゴチャしてるんです。もう紙が山積みで。それらをすべてどかして、何もない状態の机にすることで、余計なものが見えなくて、気が散らなくなります」(26歳/編集)

5、メガネをかける

「いつもはメガネをかけていないのですが、JINS PCというブルーライトをカットするメガネをかけます。そこで気合いを入れると『デキる女』気分になれ、モチベーションアップするせいか、集中できてるんです。不思議ですよね」(27歳/デザイナー)

6、夜の予定を考える

「時間を逆算します。『夜のデートまであと●時間』とかカウントダウンしていくと、俄然『あ、ヤバい!』と真剣味が増してきます。自分を追い込むのって大事」(30歳/派遣)

7、妄想する

「気になる同僚がいるのですが、彼が私の仕事姿を見ていて『頑張ってるな』と惚れ込んでくれる、という妄想をしています。危ないですよね、私。でもそのおかげで、ちゃんと仕事しなきゃと思って、集中できています。おまけに姿勢も良くなりました」(27歳/広告)

皆集中するために、色々な工夫をしているようですね。気分転換も大事です。ときに5分ほど散歩に行ったり、歯磨きに行くなど、集中力がなくなったなと思ったら、少し動き回るのもオススメですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子