空前の学びブーム!?女性が本当に使える資格ガイド

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.09.11.Tue

働く女性や育児が落ち着いた主婦達の間で今「学び」がブームだ。「資格の取得やスキルアップに興味がある」という人は女性の8割以上にものぼるという。すでに何らかの資格を持っているという女性も相当数おり、その中身は簿記検定や秘書検定、ファイナンシャルプランニング技能士(FP)やマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)などすぐに仕事や転職、再就職に役立ちそうな資格ばかりだ。

なぜ今学びが必要なのか?

プライベートの時間を削って勉強に励む理由を女性達に聞いてみると最も多かったのが「資格があれば仕事の幅が広がりそうだから」というもの。次いで「就職・転職に有利だから」という理由が多かった。
女性達のスキルアップ熱の高まりについて資格専門誌「稼げる資格」の乾喜一郎編集長は「貯蓄と同様に将来に備えたいという意識の現れ」と分析。「出産を経て働き続けることを前提に、将来に備え専門性を身につけようと資格取得を目指す女性は増え続けている」という。また「リーマンショックや東日本大震災を経て、この先何があるか分からないという不安感が増す中で、簿記やMOSなど汎用性の高い資格の人気も高まっている」と話す。
結婚しても、子供を産んでも、ずっと働き続けたい、働かざるを得ない女性達にとって、資格取得は見通しづらい将来への不安を軽減する手段のひとつとなっているようだ。

実際に何を勉強すればいい?!本当に使える資格はコレだ!

現在、数多存在する資格だが、実際にどの資格が使えるのか?需要があるのか?時代の流れにより優遇される資格も変化するというが、今、女性が持っていて損のない資格を紹介する。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

上でも紹介した、近年取得者が増加している資格。いまやどこのオフィスに行ってもパソコンが使えて当たり前の時代。しかしただ漠然と「パソコンが使える」というだけではなく、「どれだけ使いこなせるか」の確かな証明が必要。
MOSは多くの企業から高く評価されているパソコンの資格。再就職はもちろん、社内でのキャリアアップにも欠かせない強力な武器となる。派遣社員として働く場合にも給与アップの対象となる。競合の多い事務職でも内定が決まりやすい。

登録販売者

登録販売者は2009年の薬事法改正で薬剤師でなくても医薬品を扱えるようにと設立された資格。最近ではスーパーやコンビニ等でも医薬品を販売する店舗が増え、登録販売者の資格を持つ人の就職先が急速に拡大している。就職先はドラッグストアが主だが他に調剤薬局や製薬会社など就職先も幅広くなっている。

WEBデザイナー

最近ではインターネットで集客を図る企業が増えているためホームページを作れるWEBデザイナーや製作者は非常に需要が高くなっている。中小企業のホームページ制作の場合、基本的なHTMLやデザインがわかればほぼOKと言われている。
大企業のような最新技術満載のホームページを作るケースはあまりないので、しっかりホームページ制作の基礎を学び技術面に長けているよりはデザインや色のセンスを養う方が大切。
女性の持つ繊細な感覚やセンスはホームページ制作にはとても向いているのではないでしょうか。

今社会で求められている資格のいくつかをあげてみました。
やりたい事がはっきりしている場合はその方面を極めれば良いのだが、何をしていいか漠然としていて分からないという方は上記のような今社会が求めている資格を取得してみるのもひとつの手段ではないだうか?
そこから将来につながる一生の仕事が見つかるかもしれないのだから。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!