体や形だけでなく「精神的に大人になる」とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.09.16.Sun

大人になる基準って、何だと思いますか?
成人したから、経済的に自立したから、家庭を持ったから・・・様々な答えがあるでしょう。しかし形式は自分の考えを変えるキッカケになっても、精神的に大人にしてくれるとは限りません。40、50代になっても、自分のことばかり考えている子供のような人って多いもの。成人を経て数年経った今こそ、体や形だけでなく「精神的に大人になる」ことについて考えてみませんか?

利己と利他のバランスがとれること

大人になったからこそ分かることって、たくさんありますよね。特に社会人に本音と建前、受け流し方などは社会人ならでは。そのような人間関係を学ぶのも、大人になるということの一つ。でもそれだけではありません。精神的に大人になったというのは、「利己と利他のバランスをとれる」ことだと思います。

利己の強い時

利己の強い時とは、自我が強くあらわれ、自己中心的な考えに偏っている時。特に「中学や高校時代などの学生時代」に経験する人が多いでしょう。自分のプラスになることばかりを求めたり、自分の欲望や嫉妬を相手に押し付けたり、人の迷惑を考えなかったり・・・中には地球は自分のために回っている、なんて思うほど自我が強い時期が合った人もいるのでは?

自分の考えや意志を明確にするのは、自分の人生を生きる上で1番重要。しかし利己心に偏ると、他人と良い関係を築いていけません。人には人の考えやペースがあるのに、それを尊重できなければ、友人や恋人・顧客も離れていきますよね。また、何事も相手ありきで、相手のニーズを勘案してこそ上達するもの。実際は自分のことだけ考えていては、自分の夢を叶えることもできないのです。

利他の強い時

利他の強い時というのは、自我を消し、他人の幸せを優先に考える状況。特に「入社して社会の厳しさを教えられたり、子供を持つこと」で学ぶ人も多いでしょう。
他人優先で物事を考えると、不思議と物事がうまくいくことが多いです。恋愛でも相手のことを想い、相手の立場になって付き合いを続ければ、自分の欲望や嫉妬をコントロールできるのでうまくいきやすいもの。しかし利他に偏り過ぎても、自分の意志や目的、最優先にすべきことを見失ってしまいます。基本的に利他の姿勢は大切ですが、自我がないと何事も中途半端になり、「ただの人がいい人」で終わってしまいます。

バランスが大切

皆さん利己が強い時期と利他が強い時期を、それぞれ経験すると思います。両方経験した上で、どちらにも偏らず、利己と利他のバランスをとれるのが大人になったということ。人生は時に、仕事・子供・恋愛・病気・親の問題など、非常に難しい選択を迫られることがあります。そんな時でも自分と周囲の人の気持ちを考え、優先事項を決めて決断できる。そんな精神的な強さを身に付けることを、皆さんも目指していってくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/