平日家事ゼロ女子へ!? 「3分家事」のススメ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.09.19.Wed

働く女子の誰もが抱える悩み「時間がない」。平日は仕事ばかりで、自分のことはほとんどできない人も多いでしょう。特に「家事は週末にまとめてやるだけ」という平日家事ゼロ女子もいるのでは?
今回は時間の見方の変え方と、平日でも家事ができる方法をご紹介します。

「3分」を重視しよう

「時間がない」と言う人には、15分や30分をまとまった時間と思う人が多いのでは?そんな人は「時間がある」の概念を変えるべき。実は3分、5分という一見短時間でも、できることって多いんですよ。
仕事の雑用も3分あればできちゃうことが多いもの。家事も同様です。やらないで後伸ばしにするから、「大変な作業」「時間がかかる作業」というイメージがついて面倒になってしまうだけなんです。まずは「3分という時間の概念」を自分の中に作り、3分を重視しましょう。

「3分家事」で平日も家事ができる!

働く女子が平日にしたいけどできないことによくあげられるのが「家事」。でも実は、家事も3分でできることはザッと考えるだけでこんなにあるんです。

  • 洗濯する、たたむ
  • ほつれを縫う
  • アイロンをかける
  • クローゼットから使える服や小物を探す
  • コーディネートを考える

  • 丁寧にお茶をいれる
  • 野菜ジュース、マリネ、サラダ、蒸し野菜、漬物などを作る
  • 肉の下味をつける
  • お弁当用に果物を切って詰める
  • 洗い物

  • 簡単な整理整頓(机の上、床、キッチン、風呂場など分類)
  • 水周りを磨く(シンク、トイレ、お風呂など分類)
  • はたきをかける
  • 机や玄関の掃き掃除
  • 床や鏡などの拭き掃除、掃除機

本格的な掃除や料理でない限り、たいていの家事は3分でできちゃうんですね。

「3分家事」活用法

「3分家事」の活用法は、「①3分時間をとる ②ながらでやる(お風呂に入りながら、テレビを見ながら)」。
①の場合、「3分だけやろう」と考えれば気が楽だし、行動にうつしやすくなります。②の場合は、忙しい女子には嬉しいことに時短になりますね。
さらにローテーションで自炊の日→掃除の日などと決めるのもオススメ。余裕があれば3分をいくつか組み合わせるのも良いでしょう。

体も部屋もキレイに

平日家事ゼロ女子は、仕事で疲れて帰ってきたのに汚い部屋を見てさらに疲れたり、外食続きで便秘がちや肌荒れという人も多いはず。一方で「3分家事」で少しでも平日に家事をすれば、ある程度キレイな部屋や体ををキープできますし、週末の掃除も楽になり、心に余裕も生まれます。
まずは「3分」から、はじめてみましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/