あの一手間でプロの味!野菜がとろけるラタトゥイユのレシピ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
渡辺早織

Written by:

2012.08.24.Fri

こんにちは、渡辺早織です。
気がつけば8月も折り返し地点を通過し否が応でも夏の終わりを少しずつ感じさせられます。
だけど夏が好きだし・・!

もっと夏っぽいことたくさんしたいし・・!!

夏のご飯ももっと味わいたいし・・!!!

なんて思っている方もいるのではないでしょうか?
もちろん私はすべて該当しています。

ということで、今日はまだまだ食べたい夏のレシピを紹介します!

きっと大好きな人も多いはず、野菜とろけるラタトゥイユ!

私はラタトゥイユが大好きで、夏になるとたくさん作っていつも常備しています。

今回紹介するレシピの最大のポイントは
☆野菜を1つ1つくたくたになるまで炒めること!

これをするだけでぐっとこくが出て野菜の甘みが味全体をプロの味に仕立ててくれます。

野菜の旨みを最大限に引き出して作るので私のレシピはコンソメなどは一切いれません。
煮込む時間を考えると実は調理時間もあまりかわらないんですよ!

それでは紹介♪

材料

  • たまねぎ   1個
  • ズッキーニ  1本
  • なす     3本
  • 赤パプリカ  1個
  • トマト缶   1缶
  • にんにく   1かけ
  • オリーブ油  適宜
  • 塩、こしょう 適宜
  • しょうゆ   ひとたらし

①みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで香りが出るまで炒めます。

②たまねぎを炒めます。

これだとまだまだ。
たまねぎの甘みが料理の旨みを決めると言っても過言ではありません。なのでたまねぎは少し長めに色づくまで炒めます。

こんな感じになりました。
そしたらお鍋に移します。

③パプリカを炒め、くたくたになったら同様にお鍋へ。

④なす、ズッキーニもそれぞれくたくたになるまで炒めます。

⑤すべてお鍋にいれたらトマト缶を入れて軽く煮込みます。

⑥塩、こしょうとお好みでしょうゆをひとたらしして完成!

工程が簡単だから何も考えなくてもできちゃいます!

ちなみに豆知識ですが、
お塩とは全体量の約1%の量をいれるのが(正確には0.99%)
一番料理が美味しくなるのだそうです。

1%っていれるときに減塩思考な私は少し多いなと感じるのですが格段に料理が美味しくなるんですよね。最初は計ってやってみてください♪

私は一晩冷やして翌日に食べるのが一番好き♪
味がしみてさらに美味しくなるんですよね。

おまけ ラタトゥイユアレンジ

残ったラタトゥイユはこれで決まり!

作り方は簡単。
残ったラタトゥイユを耐熱容器にいれてチーズ、生卵、パン粉をのせてパン粉に焦げ目がつくまでオーブンにいれます。

ラタトゥイユが大好きなので基本的に残ることはないのですが、いつもあえて残してこのアレンジをします。

もちろんパスタやリゾットにしても美味しいのですが、これがいちおしです♪

興味のある方は是非やってみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

渡辺早織

女優、モデル
1988年1月19日生まれ 東京都出身
趣味 ジョギング、料理、旅行
★日テレ『ZIP!』レギュラー出演中!
★Calbee じゃがビーCM出演中!
★クロレッツ CM出演中!
《略歴》
第5回ミスTGCグランプリ受賞
集英社『non-no』にてノンノフレンド、ノンノ専属モデルを経て、資生堂THE GINZAイメージモデルなどをつとめる
ホンダカーズ中部CMキャラクターなど映画やCM等に多数出演
4/10(木)スタート ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)レギュラー出演中
facebook:渡辺早織 / Watanabe Saori
ツイッター:@w_saori