骨粗しょう症なんかにならない!骨太女子に必要な栄養素たち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.08.07.Tue

骨粗しょう症、20代、30代のあいだは自分とは関係無いものだと思いがちですが、女性が年をとってなりやすい病気のひとつです。かつては食生活の貧しさが原因などともいわれていましたが、これだけ豊かになった現在でも依然と患者数は増え続けています。
骨というからには、カルシウム。では、カルシウムが豊富だといわれている牛乳をよく飲めば予防できるのでしょうか?
じつはそうでもないようで日本よりはるかに牛乳消費量の多いオーストラリア他西欧諸国でも、年々大きな問題となっています。

この症状はたんにカルシウムさえ摂れば予防できるというほど単純なものではなく、ほかの栄養素も取り入れ、バランスのとれた食生活が大切になってきます。各部の骨を丈夫で強いものにするのに、遅すぎることはありません!いまから気をつけて、いつまでも骨太で健康な身体を保ちましょう。

骨粗しょう症にならないために!骨を強化するのに大事な栄養素たち

カルシウム

骨を形成・強化するためにもっとも重要な栄養素。効率よく体内に吸収するには、動物由来の牛乳より、豆腐など植物性の食べものから摂取することが肝心。

カルシウムのために食べたい食材:
青物野菜(ほうれん草、小松菜など)、白菜、豆腐、豆類

マグネシウム

骨格を作る、カルシウムを体内に吸収する、ビタミンDを合成する、これすべてマグネシウムのとても大切な役割です。マグネシウムは、植物の緑の素であるクロロフィルの一部であり、青物野菜に多く含まれます。

マグネシウムのために食べたい食材:
青物野菜、アーモンド、ごま、カシューナッツ、青海苔、ほしひじき

ビタミンD

ビタミンDは食べものとして摂取することが難しく、主に日光を浴びて体内で作り出される栄養素です。まずは、1日の間少しでも戸外に出て日光を浴びるようにしましょう。日差しのきつい夏は、朝早起きしてちょっとお散歩するのがいいでしょう。

ビタミンK

カルシウムを骨にひきつけるオステオカルシンというタンパク質を作るのに必要な栄養素です。

ビタミンKのために食べたい食材:
納豆、抹茶、ブロッコリー、パセリ、のり

ホウ素

カルシウム、マグネシウム、ビタミンDの働きを助ける役目があります。

ホウ素のために食べたい食材:
レーズン、プルーン、キャベツ、リンゴ、ぶどう

マンガン

骨をつくり、増強するうえで欠かせない栄養素。また、抗酸化酵素としても重要な役割を果たします。

マンガンのために食べたい食材:
玄米、緑茶、パイナップル、くるみ、生姜、栗、レンコン

ライター:Waxy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。