たまには愚痴ってもイイけど明るくね!嫌味なく愚痴る7つの心がけ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.07.24.Tue

愚痴ばかり言う人はあまりイケてない。確かに常に愚痴ばかりだと、プラスな印象にはなりませんよね。それでもどうしても愚痴りたい日もあるんです。たまにはOK! ここでは「悪印象を残さない愚痴り方」をご紹介します。

1、短く済ませる

心がけたいのは「さらりと短く、短文で」。1分以内に済ませるとかなり手短かな感じ。長々と話すと普通に愚痴ばかり吐く人と同じ印象を刻んでしまうのでNG。

2、「悪口」にはしない

「××さんが~したんですよ」というように、悪口ふうに言わないこと。人をメインにするのではなく、その場の情景を描写するようなタッチで言いましょう。客観的なかたちを意識して。

3、誰かひとりを悪者にしない

“特定の誰かだけ”をクローズアップするのはやめましょう。後日「Aさん=微妙な人」というイメージがつき、社内でも仕事がやりづらくなる可能性も。

4、笑い話にする

しんみりしたり、ダークになったりなど、微妙な空気にするのはオススメできません。その場で「なんだそれ!」などと、笑いに変えるくらいの勢いで。

5、スッキリした感を出す

「はい、もう終わり」「スッキリしました。もうどうでもいいや!」など、その場で吐き出せてスッキリした感を出すとよいでしょう。それ以降は別の話題へと切り替えます。

6、「ま、仕方ないっすよね」系の発言

「そんなこともあるよね」「それが世の中ですよね」というニュアンスで、軽く諦めている感、もう分かっていますよ感を出しましょう。その愚痴に関して、それほどこだわりがないことを伝えましょう。

7、後日掘り起こさない

愚痴った数日後、さらに詳しく愚痴を掘り下げないようにしましょう。その場でスッキリ終わらせることを目指して。「あのとき愚痴ったのに、まだ心にシコリあるのか」と認識されないように。

愚痴を言いたくなるのは人間なのであたりまえ。それでも聞く側や周りの人への気づかいをしながら、くれぐれも明るく爽やかに、短くさらりとですよ。

ライター:池田園子

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子