お疲れ新米ママにぴったり! 短時間リフレッシュ法4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2017.08.27.Sun

子どもが小さいときって、気持ち的にも身体的にも余裕がないですよね。でも、余裕がなければステキな子育てなんてできるはずがありません。それでなくても、子どもは無邪気な顔をして“おじゃま虫”をしてくるもの。その行動に、ついついイライラが増してしまうことも……。そんなとき、ママさんたちはどのようにしてリフレッシュしているのでしょうか? そこで今回、オススメのリフレッシュ法を先輩ママさんたちに聞いてみることにしました!

短時間でOKなお手軽さはマスト!

まずは子どもを誰かに見ていてもらわなければリフレッシュに費やす時間を確保することはできません。パパさんやおばあちゃん、一時保育などに子どもを預けるとしても、預けられる時間というのはどうしても限られてしまいます。独身時代のリフレッシュ法と言えば、ひとり旅に出かけたり、スパや温泉へ行くなどのぜいたくな選択肢もあったと思いますが、ママさんには時間的にも金銭的にもそんな余裕はありませんから――。つまり、短時間でリフレッシュすることは、ママさんにとってマストなのです!

1)映画を観る

「私は、好きな映画を観に行くことが多いですよ~。これなら3時間もあればいいので、時間的にも手軽ですしね!」(32歳/ママ歴1年)

▽ 映画を観ているときは、その世界にどっぷりと浸かることができます。手っ取り早く現実から離れることができるというのは、まさに映画のメリットだといえるでしょう。もし、観たい映画がやっていない場合は、DVDなどを借りてきても良いと思いますよ!

2)ショッピングに出かける

「ショッピングやウインドウショッピングをすることでストレス発散をしています。自分の服や、子どもの服、食器やアクセサリーなど、手当たり次第に見て歩くことで、だいぶ気が紛れます」(30歳/ママ歴2年)

▽ ショッピングなら、決められた時間の拘束がないため、比較的実施しやすいですよね。女性はいくつになってもオシャレが大好き! それに、キレイなものやカワイイものを見ると癒やされるんですよね~!

3)散歩をする

「究極に余裕がなくなったときは、パパや母に預けて30分くらいあてもなく散歩に行きますね。歩いているうちにだんだんスッキリしてきます」(35歳/ママ歴3年)

▽ いつも子どものことを考えているママさんのココロは、いつの間にか不安や心配に支配されてしまうこともあります。そんなときには、目的のない時間を過ごすことも大切なんですよね!

4)趣味のことをする

「私はビーズ小物を作ったり、編み物をするのが好きなんです。やっぱり、趣味のことをするのが一番のリフレッシュになりますね!」(27歳/ママ歴半年)

▽ ママになると、“趣味に費やせる時間というのは、とても贅沢な時間だったのだ”ということを改めて実感することも少なくないようです。だからこそ、趣味が極上のリフレッシュタイムになるのかもしれません。

いかがでしたか? もしも慣れない子育てでいっぱいいっぱいになってしまいそうだったら、ぜひ上記のリフレッシュ法を参考にしつつ、上手に休憩を取り入れるようにしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子