エンドレスぐずぐず!? 子どものイヤイヤ期あるある7つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2017.04.13.Thu

天使のようにかわいいわが子。しかし、そんな天使が怪獣になるときがくるのです……。第1次反抗期といわれるイヤイヤ期。ピークは2歳ごろですが、生後6か月から4歳になるまで続くといわれています。自我が芽生えた証しであり、大切な成長過程のひとつなのですが、ママたちのストレスは相当なもの……。
そこで今回は、ママたちが体験した子どものイヤイヤ期についてご紹介します。こんな怪獣、どう育てたらいいの!?

イヤイヤ期あるある7つ

1: 口癖のように「いや」という

・ 「『ご飯食べよう』って言ってもイヤ。『公園行こう』って言ってもイヤ。『おはよう』って挨拶しても、返ってくる言葉は『イヤ!』まともに聞いていたら頭がおかしくなる」(32歳/女性)

▽ イヤイヤ期は、なにがなんでも拒否したいお年頃。まともに聞いていたらイライラMAXです……。

2: 機嫌を損ねたらエンドレスぐずぐず

・ 「一回機嫌を損ねたら、ずっと泣きわめいている。いったいどこにそんな体力があるの!?」(30歳/女性)

▽ 「いやだー!」とずっと泣きわめく子もいます。家ならまだしも、外で泣かれたらママの焦りはピークに……。

3: 友だちに噛みつく

・ 「一緒に遊んでいるお友だちが、うちの子のおもちゃで遊ぼうとしときのこと。怒ったうちの子がお友だちの手に噛みついた! 犬かお前は! この時期は目も離せないし、謝罪行脚で大変だった」(36歳/女性)

▽ お友だちにケガをさせたら大変! しかし、イヤイヤ期ではよくあることなのです。子どもでも噛む力は強いので、ケガをさせる前に止めさせる、強く叱ることが大切です。

4: ごはんをひっくり返す

・ 「食べたい気分じゃないときは、テーブルの上に並べた食器を片っ端からひっくり返す。まさに昭和の頑固親父……」(36歳/女性)

▽ 一生懸命作ったのに……! 心が折れる瞬間です……。

5: オムツを替えるときに暴れる

・ 「『もう赤ちゃんじゃない!』とでもいうように、オムツを履くのをすごく嫌がる。すっぽんぽんで満足そうなわが子……。赤ちゃんじゃないならせめてなにか履いてくれ……」(30歳/女性)

▽ オムツを替えようとしたら、体をクネクネ。今まで普通にできていたことが、急に困難になるのです……。

6: 公園に行ったら遊び続ける

・ 「公園に行ったら、暗くなっても遊ぼうとする。『帰るよ!』って言ったら大暴れ。無理やり抱えて帰るけど、活きのいいカツオを捕まえたっていうくらい大変」(32歳/女性)

▽ 子どもにとって公園は夢の国! だけど、帰るときに暴れるのはやめてほしいです……。2~3歳になれば、抱っこして連れて帰るのも一苦労。

7: かわいいのは寝顔だけ

・ 「イヤイヤ期にイライラして、つい子どもにたいしてキツく当たってしまう……。寝ているときは天使みたいにかわいいのに。子どもの寝顔をみながら、毎日反省……」(30歳/女性)

▽ 昼間は怪獣みたいだったのに、寝ているときだけは天使……。叱ってばかりの自分が嫌になる瞬間です。

イヤイヤ期は、子どもの成長の証し。だけど、ママたちが子育てに自信をなくす時期でもあります。次回は、イヤイヤ期の対応法について、ご紹介します。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。