子どもの写真をオシャレ&プロっぽく撮る5つの裏技

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2016.11.05.Sat

毎日見ていても飽きない子どもの写真は家族の一生の宝物。子どものためにオシャレなアルバムをつくりたいけれど、プロに頼むのは予算オーバー……そんなママの悩みを解決してくれるのが今日ご紹介する裏技。
今回は子どもの写真をオシャレ&プロっぽく撮る5つの裏技をまとめてみました。

表情は白黒写真で強調

怒った顔さえ愛おしいと思える我が子の顔写真。表現豊かな子どもの表情を切りとった瞬間は親にとって一生の宝物。そんな子どもの愛くるしい表情を強調したいときは白黒写真に加工するのがオススメ。白黒にすることで色調が整理されることで表情が読みとりやすくなる効果に加えて、なんとなくスペシャルな感じが漂ってくるのもモノクロームの魅力です。

とりあえず片付ける

簡単にプロっぽい写真を撮るための一番の秘訣は背景に気をつけること。背景がごちゃごちゃしていると写真に素人っぽさがでてしまいます。室内での写真はおもちゃなど床に散らかっているもの、外出先ではバギーなど生活感のあるものを写真に入れないようにするのがポイント。とくに素人感が出やすい自宅での写真は、バックグラウンドを白い壁だけに限定すると失敗なく上手に撮れます。

ハイチーズはNG! とにかくありのままで

「はい、チーズ」と声をかけると決まってピースをする子どもたち……かわいらしいけれど、アルバムの写真がすべて同じ顔なのは少々物足りないかもしれません。怒ったり、泣いたり、喜怒哀楽の表現は子どもの得意技。さまざまな表情の顔写真を撮っておくととてもいい記念になり、また日常の一コマ感が溢れていて、違った表情の写真を並べるだけでよりリアルなアルバムが仕上がります。

日常のひとコマを切りとる

オシャレなアルバムをつくるために必要なのはオシャレな服装ではなくて、自然体のまま写真に収まることがポイント。洋服も撮影場所も日常生活のひとコマでいいのです。ただ、気をつけたいのが生活感を出しすぎないこと。前述した通り、気をつけたいのはバックグラウンド。それさえ気をつければ自宅でパジャマでも簡単にオシャレな写真を撮ることができます。

真上から撮る

簡単にオシャレな子どもの写真を撮るには、真上から撮るのがオススメ。芝生の上に寝転んでいる子どもの笑顔を撮れば間違いなくプロっぽい写真が撮れるはず。
その際、子どもにはポーズをさせず、無邪気に遊んでいる姿を写真におさめてあげるとナチュラルでオシャレな写真に仕上がります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr