2人目妊娠による「上の子への関わり方」 不安を感じていませんか?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2015.01.15.Thu

2人目の妊娠は、1人目とは違う不安も出てきます。特に上の子への不安は、第1子妊娠中には無かった悩み。
「妊娠した途端、上の子にもっとしっかりしてと思うようになった」「赤ちゃん返りにどこまで対応していいのか分からない」「構ってあげられないぶん、上の子に寂しい思いをさせないかな」なんて不安を抱えていませんか? そんな不安の乗り越え方をご紹介します。

下の子が上の子と同じ年齢になったときのエピソード

筆者が第2子を妊娠したとき、友人からこんな話を聞きました。
「上の子が3歳の時に2人目を産んで、上の子には『お兄ちゃんになるんだよ』『しっかりして』って言ってたし、できないことがある度にイライラしてたの。でも下の子が同じ3歳になったとき、『3歳ってまだまだ小さいのに、上の子には何であんなに叱ったり、期待しちゃったんだろう』って反省したよ」。

普段より当たり前のことができなくなって普通

2人目を妊娠すると、上の子にはしっかりすることを期待してしまいます。以前より、ママの目も厳しくなるでしょう。なかには赤ちゃん返りが始まる子もいますが、「赤ちゃん返りにどこまで付き合おう?」という悩みも出てきますよね。
とはいえ、上の子もまだまだ赤ちゃんです。できないことも多いし、たとえ3、4……歳と大きくなっても「甘えたい気持ち」は変わりません。初めて目の当たりにする妊娠中のママの心身の変化、きょうだいという存在の出現に、大きな不安も感じているでしょう。むしろ「普段より当たり前のことができなくなって普通」なのです。
「上の子もまだまだ赤ちゃん」とわきまえ、赤ちゃん返りにも出来る限り対応してあげて、不安を拭ってあげましょう。不安が消えていけば、徐々におさまります。もちろんママがストレスを感じてもいけないので、出来る限りで十分です。

きょうだいで生きていくことに関しては上も下もどちらも平等

同時に、2人となると上の子と関わる時間が減るので、寂しい思いをさせることに不安もありますよね。上の子との時間を増やすよう意識しても、今度は下の子に寂しい思いをさせてしまいます。
こればかりはママの体が2つない限り(無理ですよね)、物理的に仕方がありません。上の子にも下の子にも共通するのは、生まれないよりは生まれる方が良いですし、「きょうだいで生きていく」ということに関しては平等です。
究極論ですが真実でもあり、こう思うことで筆者は不安も落ち着いてきました。一つの参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/