妊娠中に妊婦レシピを取り入れて快適マタニティライフを目指そう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2015.01.26.Mon

妊娠をすると、新しい命がお腹でスクスクと育つ傍ら、つわりはもちろん、人によっては貧血や便秘、むくみなどさまざまなトラブルも抱える方が多いのが妊婦さんの現状。そんな妊娠中に良い食べ方を知っておくことで、妊娠初期から後期までマイナートラブル知らずの快適なマタニティライフに近づけますよ。

妊娠中のお悩みに効く妊婦レシピ

つわり対策

妊婦さんの半数以上が経験するつわり。つわりの原因はアミノ酸代謝がうまく働かないという説があります。ビタミンB6はこのアミノ酸代謝を正常にするため、ビタミンB6を含む食材(例・カツオ、マグロ、ナッツ類、バナナ等)を積極的に摂るほか、のどごしの良い麺類やトマト、グレープフルーツ、酢などを使って酸味や香りで食べやすい工夫を取り入れることでつわりが和らぎます。

葉酸補給

葉酸には妊娠初期に胎児の成長に欠かせない栄養素がたっぷり含まれていると言われ、本来なら妊娠する前から摂っておくと良いと言われる必須成分。
葉酸は胃がむかむかするつわり中でも摂りやすい食材が多く、ほうれん草や小松菜などの葉野菜やイチゴやマンゴーなどの果物、焼き海苔や納豆などに多く含まれています。葉酸は水溶性のビタミンのため、熱に弱く長い間の加熱で損失しやすいので新鮮なうちに手早く調理するのを心掛けましょう。

鉄分摂取

妊娠をするとホルモンの影響で体内水分が増えるため、血が薄くなることから目がチカチカしたりふらついたり貧血のトラブルが増えます。鉄分は、王道のひじきをはじめ、レバーや納豆、ほうれん草などに多く含まれています。しかし鉄分は一度にたくさん摂っても体内で摂り溜めができないので毎食一品、鉄分を含む食材を意識して取り入れるように献立を組みましょう。また、ビタミンC(ブロッコリー、パプリカ、ピーマン、イチゴ等)と一緒に摂るとさらに吸収率がアップします。

便秘解消

妊娠中は腸が子宮に圧迫されたり、ホルモンの影響で腸の蝶動運動が鈍くなり、便秘になりやすく、中には妊娠を機にはじめて痔を経験する人も。便秘解消には食物繊維が第一。キノコ類や海藻類、ゴボウ、切り干し大根など食物繊維豊富な食材の他に、水分を十分に摂ることも大切です。また、腸を活性化させるヨーグルトやチーズなどの乳酸菌、便の滑りを良くする脂質を合わせた食事を意識するとさらに◎。

まとめ

いかがでしたか? 妊娠中は今までの食生活を見直す良いきっかけとなるとも言われています。同時に妊婦レシピを取り入れて妊娠中の悩みを食事のひと手間でおいしく解決していきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/