フランス人ママも使っている!妊娠さんにオススメする超万能オイル

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2013.07.11.Thu

妊娠中は妊娠線、体重増加など美容に関する悩みがつきません。産後も美しいママでいるために今すぐマッサージケアを始めましょう。今回はフランス人女性がオススメする日本でも購入可能な商品、ヴェレダ・マザーズオイルの優れた効果を紹介します。

ヴェレダ・マザーズオイルとは

医師や助産師と共同開発したというヴェレダのマザーズオイルは、100%ナチュラル。アーモンド油、ホホバ種子油が配合され、保湿力バツグンのオイル。お腹の妊娠線予防だけでなく、乳房や会陰のマッサージにも有効な優れものです。

腹部マッサージ

妊娠線とは急激に大きくなっていくお腹、乳房、太ももの皮膚の伸びがついていけなくなり、真皮や皮下組織にできる亀裂のことを言います。一度できてしまった妊娠線は完全には消えないので、妊娠線の予防は妊婦さんの美容には欠かせません。オイルをたっぷりと塗った両手をお腹にあて内側に円を描くように擦ります。マッサージは1日1回5分程度、妊娠した日から出産の数日前まで続けることができます。

お尻&背中マッサージ

1ヶ月につき1~1.5kgの体重増加がある場合、お尻から背中部分にかけて厚みがでてくることがあります。自分の後ろ姿にショックを受ける前に、1日に2回のオイルマッサージを忘れずに。マッサージは産後3ヶ月まで続けるのが効果的です。

会陰マッサージ

会陰とは腟口から肛門までの部分を指します。会陰が伸びにくいとお産の際に、会陰切開を行う場合があります。会陰周辺をマッサージすることで、柔軟性を高め、出産をスムーズにします。オイルマッサージはお風呂上がりに3~10分かけて行うと効果が絶大です。個人差もありますが、遅くても妊娠7ヶ月目にはオイルマッサージを始めましょう。マッサージは出産前日まで続けることができます。

乳頭マッサージ

産後、母乳が出やすい乳頭をつくるため、出産前の乳頭マッサージは欠かせません。乳頭にオイルをまんべんなく塗り、人差し指と親指の腹で乳頭をつまみます。マッサージをするのは血行のよいお風呂上がりが効果的です。

※マッサージは始める前に、担当の医師に確認しましょう。

▽ 参考:WELEDA

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr