産後のママの体はケアしないと不調続き!産後整体のメリットと自宅で出来るケアとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.05.22.Wed

出産を終えて、ひと段落…とママはそうもいきません。これから毎日の育児が待っています。もちろん365日休みのない育児ですから世のママは毎日大忙しです。しかし、産後のあなたの体は今まで経験したことのない妊娠・体重増加→出産→体力勝負の育児と休む暇なくお疲れではないでしょうか?
痛みがない方でも、体は悲鳴をあげているかもしれません。本日は前回の記事『妊婦さん必見!マタニティ整体のメリットと自宅で出来る安産法とは?』に続き、東京都白金にある『マタニティ整体白金店』の院長・川崎有希子先生に産後のママの体について・自宅で出来るケアについてお話をお伺いしてきました。

産後の疲れを放っておくとどうなるの?

産後、育児に疲れ、自分自身もそのまま疲労を溜め続けていると体はどうなってしまうのでしょうか。一日に何人もの患者さんを診てきている川崎先生は、産後の疲れや骨盤のゆがみをそのままにしておくことによって、次回の妊娠の際、腰痛などの不調が悪化したり、前回は少しの痛みであっても次回は大きな痛みになっていたりと、次の妊娠中の体が辛くなってしまう恐れがあるとお話くださいました。そして産後のママの特徴はお腹が出ていたので腰が反ってしまって姿勢が悪くなっている方がほとんどなのだそう。
産後は育児という幸せな生活が待っている他、出産により骨盤がゆるみ、出産後の授乳による(前かがみになりがちなので)首・肩こり、腱鞘炎など、さまざまな体の負担が。
そして骨盤を正しい状態に戻らないままにしたり、肩こりを放っておくと、ぽっこりお腹やたるんだお尻、体系崩れ、慢性肩こり・腰痛、尿もれなどの原因ともなります。

産後整体のメリットとは?

出産をしたママの骨盤は動きやすい状態にあります。しかし逆を言えば、出産はゆがんだ骨盤や体型をリセットできる絶好のチャンスとも言えるのです。
骨盤をもとの位置に戻すことで産後の疲れが取れやすくなり、体の不調だけでなく、これから育児で起こりうる腰痛や肩こりなどの予防や緩和、さらには自然と妊娠前の体型に戻ったり、中には妊娠前よりもサイズダウンし、引き締まった体が手に入るママも多いのだとか。
産後ますます忙しくなるママですので、骨盤が安定してしまう3か月を目安に自分に時間をかけてケアをしてあげることが、自分の体のため、そして次の妊娠の時の赤ちゃんと自分のためとも言えるでしょう。

自宅で簡単にできる産後のケアとは?

産後整体に行きたいけれど時間がない…余裕がない…というママのために自宅で出来るケア方法についてお聞きしてきました。
前回の妊娠中のケアと同様に、自宅で毎日続けてほしいのがストレッチ。『ストレッチと言っても体を動かす本格的なものではなくて、座って足を開いたり前屈をしたり、肩を大きくゆっくりと回したりと、よく小学生の時に準備運動で行ったようなごく簡単な体を伸ばす方法でOK。』と川崎先生。
ストレッチで血行が良くなることで子宮の血液の巡りが良くなり、次の妊娠が期待できたり、体を柔らかくすることによって次の出産のメリットに繋がったり、現在の不調の改善に繋がるとのこと。
また、ストレッチ後は、歯磨き中などのほんの数分間、お尻の穴を閉じるイメージでキュッと力を入れるのを心掛けると維持する効果があるのだそう。
さっそく産後の私も実行しています。毎日1~2分でケアが出来るので習慣付けるのも良い方法ですね。
加えて産後のママは既にゆがみが生じていることが多いので、それを悪化させないためにも毎日同じ腕で赤ちゃんを抱っこし続けない、同じ肩で荷物を持たない、抱っこひもで抱っこしているときも腰を反り過ぎない、脚を組まないなど日ごろのクセなども習慣改善も大切です。

産前~産後とママの体は疲労続き。産後のちょっとしたケアを続けることによって、次の妊娠時の不調の緩和や、いつまでも若々しい体を維持することができます。
そのためにも自分自身の体にもう一度問いかけ、不調があったら毎日にストレッチをと取り入れましょう。

『マタニティ整体白金店』

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/