子供と一緒でも「ママの自分時間」が楽しめるアイディア4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2013.04.10.Wed

「ママになると「自分の時間」はほとんどありませんよね。子供の就寝後に自分の時間を作ろうと思っても、疲れて寝てしまうなんて人も多いでしょう。本当は子供が起きている間に、ママも自分の時間を味わいたいところ。
子供といるとどうしても「子供主導の遊び」ばかりになりますが、実はその中に「ママ主導の遊び」を組み入れても良いのです。そうすればママの良い気分転換にもなりますし、子供にとっても新たな刺激になります。今回は子供と一緒に自分時間が楽しめるアイディアをご紹介します。

オシャレかつ親子に優しいカフェに行く

オシャレなカフェは女子の心の癒しですが、子連れだと泣き声や歩き回ってしまうことが気になってなかなか楽しめません。しかしカフェ選びをうまく行えば、子連れでもカフェタイムを楽しめます。
ポイントとしては「少々うるさくてもOK、危険がなくくつろいで座れる」カフェを選ぶこと。
例えば…
・親子カフェや、キッズメニューやオムツ替えシートを用意している“子連れOKサイン”のあるカフェ
・椅子ではなく、広めのソファーや座敷など、座りやすいカフェ
・みんながお喋りを楽しんでいるカフェ
・店内が広めのカフェ
・スタバのように、チェーンでオシャレな雰囲気を楽しめるカフェ

上記のようなカフェを選べば、子供の言動が気になりにくくなります。身近に1つはあるものなので、探して行きつけにすると気分転換になります。

観光地をお散歩

お散歩といえば近所の公園、なんて方も多いと思いますが、大人は飽きてきてしまいますよね。ちょっと足を伸ばして、観光地をお散歩してみましょう。例えば「市場、神社仏閣、庭園、規模の大きい公園」など、“土日に家族で行くレベル”の観光地です。
いつもとは違う場所なので、ママは気分転換に、子供は刺激になります。

ベランダや庭でお茶を飲む

お世話をしたり、家事をしたり、遊んだり…家の中にいても、なかなかママがゆっくりできる時間はありません。しかし連続で家事育児をし続けると疲れますので、お茶の時間だけはゆったりと過ごしましょう。
好きな飲み物を丁寧に入れて、特に晴れた日はベランダや庭など、外でお茶の時間を過ごすのがオススメ。空の下で飲むお茶はとても美味しいですし、子供も特別な気分で笑顔が増えます。

お互い1人遊びをする

子供が1人遊びをしだしたら、ママも自分の遊びをしましょう。雑誌や本を読む、ヨガをする、編み物をするなど…子供が1人遊びをしていると「話しかけないと」と思う人もいますが、1人遊びは自分で遊びの手順を考える大切な時間。ほっておいてあげる方が良いのです。
1人遊びに満足すれば、子供がママ~と話しかけてきますので、そしたら一緒に遊びましょう。逆にママの1人遊びを、子供が真似ることもあるのです(例えばママが本を読んでいれば子供も本が好きになるなど)。
これは5分など短い時間でも行うこと。まとまった自分時間がとれなくても、こまめに行うことで気分転換になります。

いかがでしょうか?意外と子供にも良い刺激になりますので、気負わず行ってみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/