気を付けて!ママが手抜きしがちなオシャレ 5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2013.01.17.Thu

子持ち前と子持ち後。あなたはどちらがオシャレに自信がありましたか?「認めたくないけど子持ち前…」なんて人がほとんどではないでしょうか?
今回はママが手抜きしがちなオシャレを集めてみました。あなたは心当たり、ありませんか?

毎日ズボン

ママになれば抱っこ紐やベビーカーでの移動、歩き回る子供を追いかけたり、支援センターでは床に座って子供と遊んだり…など、動き回ることばかり。
ファッションもつい「動きやすさ重視」になりがちです。どうしてもスカートだと動きにくく、「毎日ズボンのオンパレード」なんてことも。スカートのコーディネートさえ忘れそうな勢いです。

流行りがイマイチ分からない

自分のオシャレの情報だけ集めれば良く、流行りも敏感におさえているのが単身時代ですよね。
子供が産まれると、子供服から子供の生活用品、オモチャや教材などの情報をチェックする必要が出てきます。その分、自分のオシャレには疎くなりがちに。「流行ってるのはなんとなくわかるけど、詳しくはわからない」なんてことに。「流行りのチェック度」が落ちてきます。

平日ファッションがワンパターン

特に子供が保育園に入らないうちは、平日に会う知り合いや友達もあまりいません。
予定があると言えば買い物に、支援センターや公園などで、そこまで気合いを入れる必要も無し。平日ファッションはワンパターン化しやすくなります。着る服もついつい「Tシャツにジーパン」など、シンプルなものばかり選びがちに。オシャレとは程遠くなりがちです。

メイクも以前より適当

上記のように普段会う人が減るのも一因。さらに、化粧品は子供が大好き。特に1歳半もすぎると、手や腕の力も出てきて、自分で化粧品を開けてメイクをしだします。筆者の子も男の子ですが、メイク用品が大好きで、筆者がメイクを始めると必ず飛び付いて自分もメイクをしだします。
また、「じっくり化粧品を買えない」のも悩みどころ。同じく化粧品大好きな子供を売り場に連れて行けば、片っ端から開けて試し始めます。当然じっくり買い物は出来ないですよね。結果、「以前より適当メイク」や「いつまでも変わらないメイク」になりやすいのです。

アクセサリーなし

それだけで存在感を増し、今年っぽさを出せ、オシャレ度がアップするアクセサリー。女子が大好きなアイテムですが、子育てで言えば邪魔にしかなりません…
長いネックレスはオムツ替えの邪魔だし、ピアスは子供がちぎりそうになるし…アクセサリーはつけなくなった、なんてことも増えてしまいます。

いかがでしょうか?子育てをすれば自分の時間はほとんどゼロですし、ファッションやメイクに避ける時間は極端に減るのが当たり前です。けれどもそれで自分に自信をなくしたり、暗い気分になってしまっては本末転倒。自分に自信をつけたり、気分を変えるためにも、少しでも時間を見つけてファッション&メイクに変化をつけてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/