可愛くて悶絶!1歳から体一つでできる真似っこ&体遊び

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.11.20.Tue

1歳を過ぎて手足の自由が利くようになると、赤ちゃんはしきりにお母さんの真似をしたがります。このころからできる真似っこや体遊びは、やっている子供も楽しいし、ママは見ているとその可愛さに悶絶しちゃいますよね!みんなどんな遊びをしているのか?そのレパートリーをご紹介します。

口真似

1歳を過ぎると、少しずつ言葉を言えるようになってきます。ママ、パパなどの単語もでますが、親のちょっとした口真似も自然と覚えているんですよね。

いただきますやご馳走様、おはようやおやすみ

挨拶は1番初めに覚え始める言葉。けれどもまだ発音はしっかりしていないので「きー(いただきます)」「みー(おやすみ)」と言う子も。

「あ~あ」「も~」

「物を落としたときに「あ~あ」と子供が言って、普段自分が言っていることに初めて気づいた!」とショックを受ける人も。何でも真似するので、教えたくない言葉は注意が必要ですね。

体の真似っこ

しつけの一環

食事の際の「手を合わせる」やお返事「ハーイ」、オムツ替えの時の「コテン」など。大人はしつけでも、子供は遊び。楽しくやれば、自然と覚えてくれますね。

人との関わり

人との関わりの第一歩となるのが、「拍手」「タッチ」「ばんざい」「いいこいいこ」や、「どうぞ」と物をあげるなど。まだママやパパ以外との関わり方が分かっていませんが、体でやり取りをすることで、お友達との関わりを徐々にはじめていきます。
ありがとうやこんにちはが口で言えなくても、「お辞儀」だけする子もいますね。

その他

写真を撮る時の「チーズ」、頭を「コッツンコ」、「ギュー」「チュッ」「おしりふりふり」など。何でもやってみるのが正解です!

手遊び歌

1歳半を過ぎると徐々にしだすのが、手遊び歌。「いないいないばぁ」「げんこつやまのたぬきさん」「むすんでひらいて」「いとまき」は比較的簡単で子供がやりやすいですよ。

体遊び

体遊びはレパートリー多彩。子供を膝に乗せて「電車ごっこ」「車の運転」や、「動物のまね」、「おにぎり作り」など。NHKの教育テレビでいろいろやっていますので、参考にしてみましょう。

他にも芸能人のギャグの物まねやキャラクターのまねなど、体一つでできることはいっぱいあります!いつもの遊びに取り入れて、その可愛さに悶絶しちゃいましょう♪

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/