腕、指、鼻下……ムダ毛が残っていて恥ずかしかった瞬間5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

日中外に出ると汗ばむくらい、春めいた陽気な日が増えてきました。そろそろジャケットの下は半袖やノースリーブでもいいかも? 重たいコートを脱いで軽やかに動けるのがうれしい反面、ムダ毛の処理はていねいに行う必要が出てきます。つい、秋冬の「長袖期」をすごしてきたばかりに油断して、毛の処理がおろそかになってしまう女性も少なくありません。
今回は「ムダ毛にまつわる恥ずかしい失敗談」を、20~30代女性にきいてみました。

1.指毛がフサフサだった

「ワキや手脚の毛は冬のあいだ、一度も剃っていませんでした。今、恋人がいないこともあって、『まぁいいか』と思い、ついサボってしまいます(笑)。でもあるとき、会社で後輩に紙の資料を見せながら説明しているときに、ふと自分の指を見て『ヤバイ!』と叫びそうになりました。指毛がふさふさしていたんです。普段PCのキーボードを叩いているときには気づかなかったんですが、ハッとしましたね。慌てて手を引っ込めてしまいました」(28歳/IT)

▽ 手だけではなく、足の指毛にも注意したいところ!

2.鼻下の毛が目立っていた

「取材で出向いたオフィスビルで、照明が明るめのお手洗いに入ったんです。そこの鏡に映った自分を見て愕然としました。1mくらい離れていても、鼻下のヒゲが目立つ目立つ……(笑)。いつもは自宅のわりと暗めな照明の下でスキンケアやメークをしていますし、自宅って帰って寝るだけなので、あまり鏡をまじまじと見ないんですよね。もう恥ずかしくて仕方なかったです。もちろんカミソリもハサミも持っていないですし、予定もつまっていたので、その日はヒゲを生やしっぱなしで行動しましたよ。つらかったです」(30歳/編集)

▽ 意外と毛の成長スピードは速いので、毎日鏡の前でチェックを!

3.腕の毛を剃り残していた

「前日の夜、バスルームでしっかり毛を剃ったつもりだったのに、久しぶりにケアしたせいか、剃り具合がおろそかになっていたんですよね。翌日会社に半袖ワンピを着ていったら、ところどころ腕の毛を剃り残していて。黒い毛がポツポツ伸びているんですよ。結局ワンピの上にジャケットを羽織って、ごまかすしかなかったですね。半袖を着こなすには、もっと時間をかけて処理しておくべきだった、と後悔するばかりでした。とくに腕のうしろがわは盲点になりがちです」(27歳/営業)

▽ 体をひねりながら腕のうしろ側の毛を剃る……じつはなかなかの苦行ではあるんですよね。

4.腰の産毛を剃り忘れてしまう

「なんとなく剃り忘れてしまうのが腰の毛。私、背面の毛がわりと濃くて、おしりの上あたりにも、産毛がしっかり生えているんですよね。とくに仕事で疲れているときは、剃るのを失念してしまうことが多いんです。『あっ、忘れた』と気づいたとき、彼とエッチしていることも少なくありません(笑)。そのときは『毛が目立っていたらどうしよう』とばかり考えて集中できなくてつらいです」(32歳/医療)

▽ 体のうしろがわの毛は、処理し忘れてしまうこともザラ……。セルフケアには限界があるのかも。

5.胸まわりの毛を剃り残していた

「ときどき、胸周辺の毛を剃り残してしまうことがあります。胸って一番『女』を象徴するパーツなのに、毛が生えていると、当然ガッカリされますよね。なんとかしたいです。彼に『胸毛、生えてるよ(笑)』って笑われたことがありますから」(29歳/サービス業)

▽ デリケートなパーツだけに、カミソリをすべらせるのも気をつかいますよね。そういうパーツこそ、プロに任せると安心です。

サロン脱毛女子ならいつも完璧なつるりん肌!

一方、サロンで脱毛しているアラサー女性に、話を聞いてみました。

「もともと超剛毛で毛量は多いほうでしたが、何度か通っているうちに、かなり量が減ったと思います。ときどきポツポツと生える程度なので、処理も本当に楽になりましたね」(30歳/映像)

「デートの前日や当日に剃るのは面倒だったり、うっかり忘れたりすることもありますよね。脱毛に通っておくと、急に『会おう!』となっても慌てなくていいですよ」(28歳/アパレル)

「カミソリで剃る頻度が高ければ高いほど、肌がザラッとしてきます。私は2日に1回くらいは剃っていたので、肌質が荒くなっていたのが悩みでした。サロンだと肌へのダメージなく、ムダ毛をキレイに処理してもらえるのがうれしいですね」(34歳/広報)

お肌にも財布にも優しい! ミュゼの脱毛って?

周りと差がつくツルすべ肌になるなら、サロン選びが大切。いま、女子に人気の脱毛サロンは「ミュゼ・プラチナム」。全国185店舗も展開している人気サロンだから、通いやすさはバッチリ。通勤・通学帰りにすぐ行ける! 5月中なら、カウンセリングをWEBから申し込めば、気になるパーツNo.1・ワキとNO.2・Vライン脱毛が100円で何度でも納得いくまで脱毛できちゃうんです。本当に初回費用の100円で何度でも通える上、勧誘もないから安心して通えるはず。

さらに新登場したおトクなコースもオススメ。全20部位から選べる!「お好きな1部位と両ワキ+Vライン脱毛完了コース 1,000円」ならワキ、Vライン脱毛に加えて全20部位から好きな部位を例えば背中や手などを選んで脱毛ができます!(→詳しくはコチラから)
「なんで今まで通わなかったの?」と不思議になるほど、肌にもお財布にも優しいから、密かに気になっていたあのパーツのケアを始めるのにぴったりですよね。

本格的な春がはじまる前から、リーズナブルな価格できれいになれる脱毛サロン「ミュゼプラチナム」でケアをはじめて、肌を露出する季節へ向けて備えましょう!

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

フリーランスの企画ライター。86年生まれ。
楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。主な執筆ジャンルは、恋愛、Web、ガジェット、新しいモノ、働き方、イケメンなど。
現在はGoogirlのほか、R25、ITmedia、Impress、J-cast、ウレぴあ、gooなど、10媒体以上に執筆中。
著書に『フリーランスで食っていきたい!』がある。
ブログ『Sonoko Blog(http://sonoko0511.jp/)』でも発信中!
  写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子