2016年の流行は?? おしゃれなアンダーヘアの作り方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

今やアンダーヘアのケアは大人女子のたしなみ。毛を剃ったりカットしたりするのはもちろん、形を整えてきれいに見せるのがあたりまえになっています。お気に入りの形にするほうが、自分の気分もアガりますよね。

一方で、デリケートな部分だけに「自分でケアをするのが難しい」と感じる人も少なくないのでは? とくに形は悩みの元。定番人気の形と合わせて、どう整えると良いのかご紹介します。

トライアングル(逆三角形)

全体の面積を小さくする、違和感の少ない一番スタンダードな形。毛量が多め・毛の範囲が広め・処理は最小限にしたい人に◎です。カットするのは毛先くらいでOKで、ある程度長さを残すのがポイント。ナチュラルに見せられます。

オーバル(楕円形)

毛の範囲を狭くしたい人にぴったりな形。近いものだとスクエア(四角形)がありますが「失敗すると海苔みたいに見えちゃう」なんて声もあるので、ビギナーさんには丸みを帯びたオーバルがおすすめです。毛は2cm程度の長さにカットするときれいに。

ツーフィンガー

洗練された大人な印象を作れる、指2本分の四角形。形を決めたら内側を長めに、外側を短めにカットすれば、ナチュラルに見せられます。慣れてきたら、指1本分の四角形、ワンフィンガーに挑戦するのも◎。どちらも下着から毛がはみ出る心配ゼロです。

ハート

かわいく見えることで人気の形。確実にハート形を作りたいなら、全体の毛を短くするのが欠かせません。上側の凹んだ部分は剃るだけではなく、毛抜きで細かい調整が必要になります。やや上級者向けかもしれません。

ダイヤ

お洒落に見えるだけではなく、他の人と差をつけられる個性的な形。メリハリを持たせたシルエットに作るのがコツです。毛の長さは短めを意識しましょう。

ハイジニーナ

「蒸れない」「衛生的」「スッキリする」といった理由から人気の「無毛」なスタイル。自力で完全な無毛を目指すのは難しいため、脱毛サロンでプロの手を借りるのがおすすめです。

お財布にもお肌にも優しいVIO脱毛

でも、自力で毛を剃ったり抜いたりし続けていると、肌が荒れてしまったり、埋もれ毛ができてしまったり……なんてトラブルも。デリケートゾーンはその名の通り、本当に繊細なパーツなので、慎重に処理する必要があります。

近年、VIO脱毛もエステで格安で脱毛できるようになりました。全国に72店舗を展開する「脱毛ラボ」では、全身48ケ所の中からお好みで12ヶ所を選んで脱毛できるプランでVIOを選べば月額2,490円で脱毛が可能!12ヶ所選べのでVIO以外に気になる箇所も一緒に受けるんです!しかも今なら月額2,490円が4か月無料なんです(4月15日まで)!

申込みも5か月からだから合わなければ1か月でやめることもできますし、無理な勧誘は一切ありません。ほかにも脱毛ラボは脱毛の施術時間が従来のマシンの半分!通う期間も普通のサロンなら3年もかかるに半年~1年でOK!(→詳しくはコチラから)

夏にプールや海でアクティブに楽しみたいなら、アンダーヘアのケアはマストですよね♪ 脱毛ラボならまだ間に合います!お気に入りの形に美しく整えて、夏の楽しい気分を盛り上げましょう。

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子