21世紀ならではの悩み?現代的ライフスタイルが恋愛に及ぼす悪影響とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.01.26.Wed


どの世代にもジェネレーションギャップというのは存在しますが、様々な技術が飛躍的に発展を遂げている現代では、私たちの世代と親の世代との間に非常に大きな隔たりが生じていることにお気づきでしょうか?
もはや誰もが利用している携帯電話やインターネットは明らかに私たちのライフスタイルをも変えました。もちろん、便利になるのは良いことですが、その反面、恋愛関係にマイナスとなるような影響も出ているのです。

1. 携帯電話

なんといっても、私たちのライフスタイルに一番影響をもたらしたのが、携帯電話。
20年前には考えられなかったほど便利になりました。しかし、ここに大きな落とし穴が。
交際相手以外の人とも簡単に電話や文字メッセージを交わせるようになったため、これを“精神的な浮気”と考える人も出てきました。肉体的な接触は一切無いわけですから、浮気じゃない、という人もいます。どこまでが許しがたい浮気であるのか、携帯電話は、浮気の定義を曖昧にしてしまいました。

2. ソーシャル・ネットワーク

MixiやFace bookといったソーシャル・ネットワークは、交友関係を広げたり、維持するのに大きな威力を発揮しています。ですが、かつての恋人についてなど、知りたくないことまで、偶然知ってしまう可能性も高いのがリスクです。
ソーシャル・ネットワークでどこまで自分のプライベートライフを公開するか、ということも真剣に考える必要があります。誰がどういった視線であなたのページを見ているか分からないのが、インターネットの怖さです。

3. 女性のキャリア志向

今や女性の社会進出もすすみ、男性と同じようにキャリアを追求できるのが現代の良いところです。しかし、共働きの家庭でよく問題になるのが、家事の役割分担について。
女性が男性と同じように働いていても、女性に家事を期待する男性はまだまだ多いのが現実です。お互い、協力し合って家事を分担するよう、あらかじめ話し合っておくべきです。

4. セレブの影響

かつて、離婚は恥ずべきことだという風潮がありましたが、今ではそれほど珍しいことではなくなりました。毎日、テレビをにぎわすセレブのゴシップは、離婚話でいっぱいです。
祖父母や親の世代にとって、離婚はまだまだタブーだったため、カップルの間に何か問題があっても、なんとか関係を維持しようと必死の努力をしていました。ですが、現代ではそんな社会的制約もないので、簡単にあきらめてしまいます。一人の人と一生添い遂げる必要は無い、と考える人も今では決して珍しくありません。

5. 親との同居期間の長さ

不況が長引き、社会人になっても経済的に自立できずに親元で暮らす人の割合が高くなっています。
親元で、好きなように暮らしているうちは、家事能力や経済観念、大人としての責任といったものがなかなか学べません。そんな状態のまま、恋人と同棲生活を始めても、なかなか上手くいかないのが現実です。
まずは、一人の大人として自立し、他人と共同生活を送るとはどういうことなのか早い時期から学ぶことが必要なのです。

いずれも心当たりのあるものばかり。とくに、携帯電話やソーシャル・ネットワークなどは、コミュニケーションの重要なツールでもあるので、恋愛関係に及ぼす影響は計り知れません。
こうした現代ならではの様々な影響を良く知っておくことは、恋愛をするためにも大切なことではないでしょうか。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!